2016年03月23日

ディバイナー 戦禍に光を求めて

 ラッセル・クロウの監督第一作で、主演も自分がしています。戦争の悲劇を中立的な視点から描いた骨太の作品ですが、第一次大戦の歴史に詳しくなかったので、わかりにくいところも。「消えた声が、その名を呼ぶ」を見てからまもなく、また、第一次大戦のトルコを舞台にした作品をみるとは思いませんでした。

 作品情報 2014年オーストラリア、アメリカ、トルコ映画 監督:ラッセル・クロウ 出演:ラッセル・クロウ、オルガ・キュリレンコ、イルマズ・アルドアン 上映時間:111分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:有楽町スバル座 2016年劇場鑑賞54本目 



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする