2016年06月09日

ドヴォルザークの新世界

 映画でなく珍しく演劇鑑賞にいってきました。演劇とクラシック音楽を融合させる舞台に取り組む東京イボンヌの新作「ドヴォルザークの新世界」です。会場は東京・品川のスクエア荏原ひらつかホール。非常に新鮮で面白かった。

 フェイスブックで団員の一人と知り合い、講演すると聞いたのでチケットを購入していってきました。観劇するのは10年ぶり。ただ、劇団新感線のゲキ×シネは2回ほどみています。観劇の作法は詳しくないのだけど、今回の公演は、ホールと客席との距離感が近いことやステージで芝居と音楽の両方をするなどの特長があります。

ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする