2016年08月11日

太陽の蓋

 東日本大震災による福島第1原発事故の際、官邸や原発では何が起きていたのか。菅首相、枝野官房長官ら政治家を実名で登場させ、当時の状況をできるだけ再現した作品です。ただ、東京電力が東日電力と仮名だったのと、若干、民主党寄りの視点で作られたところは残念。それでも、原発事故が風化したなか、福島の危険はまだ去らないことを想起させてくれ、上映館は少ないですが、多くの人に見てもらいたい作品です。

 作品情報 2016年日本映画 監督:佐藤太 出演:北村有起哉、三田村邦彦、中村ゆり 上映時間:130分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:イオンシネマズ板橋 2016年劇場鑑賞170本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする