2017年10月11日

あさがくるまえに

 幸せに暮らしていた学生が事故に巻き込まれ、脳死判定を受けて臓器移植されるまでの1日を、大学生、遺族、医師、提供を受ける家族など多面的な視点から描いた作品。フランス映画らしく、日常の積み重ねを淡々と描写し、無理に盛り上げようとしていないことが、かえって心をうちました。

 
 作品情報 2016年フランス、ベルギー映画 監督:カテル・キレヴェレ 出演:タハール・ラヒム、エマニュエル・セニエ、アンヌ・ドルヴァル 上映時間:104分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ渋谷 2017年劇場鑑賞180本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:34 | Comment(0) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする