2018年03月04日

アバウト・レイ 16歳の決断

 男になりたいLGBTの少女と家族の決断の物語。スーザン・サランドン演じる祖母が同性愛者など、日本よりも進んでいるように見えて、当事者の葛藤は強くて興味深い。ただ、ちょっとテンポが遅くて、せっかく名優をそろえたのにもったいない気もしました。

 作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ギャビー・デラル 出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン 上映時間:92分 評価★★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ川崎 2018年劇場鑑賞51本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 08:23 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする