2018年04月07日

ハッピーエンド

 後味の悪い映画を作ることでは天下一品のミヒャエル・ハネケ監督の新作。相変わらずばしっとした答えを出さずに観客に考えさせる意地の悪さにもやもやしてしまいます。

 作品情報 2016年フランス、ドイツ、オーストリア映画 監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、ファンティーヌ・アルデュアン 上映時間:107分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:角川シネマ有楽町 2018年劇場鑑賞82本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:19 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする