2018年04月16日

BPM ビート・パー・ミニット

 1990年代前半のパリを舞台に、エイズへの偏見と闘う患者団体「アクト・アップ・パリ」の若者たちの活躍が取り上げられていますが、監督自身がメンバーだったため思い入れが強すぎる気が。あの時代のパリをしらないとちょっとわかりにくいでいすね。

 作品情報 2017年フランス映画 監督:ロバン・カンピヨ 出演:ナウエル・ペレス・ビスカヤール、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル 上映時間:143分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2018年劇場鑑賞89本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:03 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする