2018年05月08日

女は二度決断する

 ドイツの移民排斥運動によるテロを、移民の子であるファティ・アキン監督が映画化。終始緊迫したストーリーとダイアン・クルーガーの好演が光りますが、「衝撃の結末」みたいなPRはやめてほしかったな。

 作品情報 2017年ドイツ映画 監督:ファティ・アキン 出演:ダイアン・クルーガー、ヌーマン・アチャル、デニス・モシット 上映時間:106分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2018年劇場鑑賞105本目




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:25 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする