2018年09月18日

1987、ある闘いの真実

 「弁護人」「タクシー運転手 約束は海を越えて」「ありふれた悪事」など韓国の民主運動を描いた作品が最近、日本でも公開されていますが、本作はその集大成ともいうべき1987年の民主化運動にスポットをあてています。民主化側の主人公はころころ変わるのですが、悪役のキム・ユンソクの存在感が素晴らしい。さすがポリティカルな題材を扱う映画は世界でも一級の韓国といえました。

 作品情報 2017年韓国映画 監督:チャン・ジュナン 出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン 上映時間:129分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:シネマート新宿 2018年劇場鑑賞209本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:37 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする