2018年10月17日

ヒトラーと戦った22日間

 ナチスの強制収容所のなかで、唯一、大規模な反乱が起きたソビボル収容所のできごとを史実に即して映画化しました。僕も本作をみるまでソビボルのことは知らなかったのですが、まさに、人間いざというときにこそ真価がわかります。

 作品情報 2018年ロシア、ドイツ、リトアニア、ポーランド映画 監督:コンスタンチン・ハベンスキー 出演:コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート、フェリス・ヤンケル 上映時間:112分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2018年劇場鑑賞237本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:22 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする