2018年11月20日

ビリオネア・ボーイズ・クラブ

 アンセル・エルゴートとタロン・エガートンというハリウッドの次世代スター初共演の経済サスペンスですが、テンポがぬるくて途中で飽きちゃいました。セクハラ問題で追放された名優ケヴィン・スペイシーの姿がみられるのが特徴かな。

 作品情報 2018年アメリカ映画 監督:ジェームズ・コックス 出演:アンセル・エルゴート、タロン・エガートン、ケヴィン・スペイシー 上映時間:106分 評価★★(五段階) 観賞場所:新宿武蔵野館 2018年劇場鑑賞279本目 




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 20:00 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きてるだけで、愛。

 登場人物はメンヘラだらけ。趣里の迫真の演技はすごく、批評家筋の評判は高いだろうけど、半径10メートルしか描かないの邦画の典型で、個人的に苦手な作品でした。

 作品情報 2018年日本映画 監督:関根光才 出演:趣里、菅田将暉、仲里依紗 上映時間:109分 評価★★(五段階) 観賞場所:川崎チネチッタ 2018年劇場鑑賞278本目 




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:06 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする