2018年12月05日

バグダッド・スキャンダル

 イラク戦争後に発覚した、国連イラク援助の不正疑惑。その不正を告発した元国連職員の実録小説を映画化しました。登場人物の名前は変えられていますが、国連が日本人の想像するような理想の組織ではなく、各国の利権とエゴにまみれたことだということを明らかにしています。

 作品情報 2018年デンマーク、カナダ、アメリカ映画 監督:ペール・フライ 出演:テオ・ジェームズ、ベルチム・ビルギン、ベン・キングズレー 上映時間:106分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ 2018年劇場鑑賞293本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:47 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする