2019年02月07日

バハールの涙

 ISにとらわれた女性が脱出して、家族を救うために武装したという、事実は小説よりも奇なりを地でいく話。戦車や戦闘機がでるような派手なシーンは一切無く、ひたすら苛酷な女性の運命を表しています。

 作品情報 2018年フランス、ベルギー、スイス、ジョージア映画 監督:エヴァ・ユッソン 出演:ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ、ズュベイデ・ブルト 上映時間:111分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:シネスイッチ銀座 2018年劇場鑑賞32本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:35 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする