2019年03月28日

スパイダーマン:スパイダーバース

 最近のアメコミや超大作映画って、単純すぎる登場キャラの金を掛けた破壊活動か、複雑すぎる登場人物と辛気くさいストーリーのどちらかに見えて苦手だったのだけど、本作はエンターテイメントの王道をいきつつ、人が生きていくうえでの大切なことや切ない友情などをきっちり描いており、まさに僕の大好きなヒーロー映画の復活でした。

 作品情報 2018年アメリカ映画アニメ 監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン 声の出演(日本語版):小野賢章、宮野真守、悠木碧 上映時間:117分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ川崎 2019年劇場鑑賞84本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:19 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

マイ・ブックショップ

 予告篇をみると、戦後間もない時代に、周囲の偏見にも負けずに夢に向かって頑張る女性のハートフルストーリーと思ってみたのですが、結構、ビターな作品。 イザベル・コイシェ作品ならではの静けさが覆っています。

 作品情報 2018年スペイン、イギリス、ドイツ映画 監督:イザベル・コイシェ 出演:エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソン 上映時間:112分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:シネスイッチ銀座 2019年劇場鑑賞83本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:44 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ちいさな独裁者

 将校の制服を手に入れた脱走兵が、将校になりすました残虐行為を繰り返した実話の映画化。人間の悪意、権威に弱い愚かさなどいろいろ考えられますが、現代のドイツを将校姿の主人公らがパレードするエンディングロールは一見の価値があります。

 作品情報 2017年ドイツ、フランス、ポーランド映画 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:マックス・フーバッヒャー、ミラン・ペシェル、フレデリック・ラウ 上映時間:119分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2019年劇場鑑賞82本目 




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:40 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする