2019年03月15日

金子文子と朴烈

 関東大震災時の朝鮮人虐殺を背景に、皇太子暗殺計画で大逆罪に問われた朴烈(パク・ヨル)、金子文子の物語。基本部分は史実に沿っていますが、とにかく金子役のチェ・ヒソが素晴らしすぎる。日韓関係が冷却しているのはわかりますが、上映館が少ないのは悲しい。もっと多くの人に観てもらいたい作品です。

 
 作品情報 2017年韓国映画 監督:イ・ジュンイク 出演:イ・ジェフン、チェ・ヒソ、 キム・インウ 上映時間:129分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:シアターイメージフォーラム 2019年劇場鑑賞71本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:28 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする