2019年04月05日

記者たち〜衝撃と畏怖の真実

 ベテラン、ロブ・ライナー監督が豪華キャストでユーモアを交えつつ、非常に見やすい映画に仕立てたのだけど、実は、現代社会の根源的な問題をはらんでいて、現実と対比すると最近の社会派映画の中でもずば抜けて優れたかつ、見終わったあと暗然とする作品です。

 作品情報 2017年アメリカ映画 監督:ロブ・ライナー 出演: ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、トミー・リー・ジョーンズ 上映時間:91分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズシャンテ 2019年劇場鑑賞92本目




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:11 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする