2019年07月15日

ゴールデン・リバー

 カンヌ常連のフランスのジャック・オーディアール監督が、ハリウッドスターを起用した西部劇。フレンチウエスタンと言えばいいのでしょうか、泥臭く、リアリズムを感じさせる一方、ヒロイズムとは無縁な独特の作品になっています。

 作品情報 2018年フランス、スペイン、ベルギー、ルーマニア、アメリカ映画 監督:ジャック・オーディアール 出演:ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール 上映時120分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:川崎チネチッタ 2019年劇場鑑賞196本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 08:02 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする