2019年09月01日

ディリリとパリの時間旅行

 20世紀初頭のベル・エポック時代のパリを舞台に、ニューカレドニアの少女ディリリが少女誘拐犯を追う冒険アニメ。ピカソ、キュリー夫人、ドビュッシー、エッフェルなど当時の文化人が総出なのは豪華ですが、顔見せとストーリーがあまりつながっていなかったような。CGアニメは風景の実写ぽさも含めて、すこぶるお洒落でした。

 作品情報 2018年フランス、ベルギー、ドイツ映画 監督:ドメ・カルコスキ 声の出演(吹き替え版):新津ちせ、斎藤工 上映時間94分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2019年劇場鑑賞256本目  



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:45 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする