2019年09月19日

ラストムービースター

 1970年代のハリウッドのトップスターでしたが晩年はほぼ忘れられた存在となっていたバート・レイノルズが自らのセルフパロディともいえる役柄を嬉々として演じた小品。落ちぶれたスターの悲哀、ロードムービー、若いパンクな女性とのバディもの、そして何より映画愛がつまった、思わず心がジーンとくる作品になっていました。

 作品情報 2017年アメリカ映画 監督:アダム・リフキン 出演:バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター、 クラーク・デューク 上映時間104分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:シネマカリテ 2019年劇場鑑賞271本目




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:00 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする