2019年10月25日

15ミニッツ・ウォー

 1976年に実際にフランス領ジブチで起きたスクールバスジャック事件を、特殊部隊と人質の女性教師の視点からみた作品。実際の結末がどうなったのか知らなかったので、緊迫感あふれ、まるで自分が現地にいるようで、「エンテベ空港の7日間」よりも好みです。

 作品情報 2018年フランス、ベルギー映画 監督:フレッド・グリヴォワ 出演:アルバン・ルノワール、オルガ・キュリレンコ、ケヴィン・レイン 上映時間98分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ 2019年劇場鑑賞328本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 05:26 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする