2019年12月21日

ある女優の不在

 イランの巨匠ジャファル・パナヒ監督が製作禁止を公然と無視して、女性や芸術の問題に真っ正面から取り組んだ作品。カンヌ映画祭の脚本賞を得ていますが、これもイランの歴史や社会をしらないとわかりにくかった。

 作品情報 2018年イラン映画 監督:ジャファル・パナヒ 出演 ベーナズ・ジャファリ、ジャファル・パナヒ、マルズィエ・レザエイ 上映時間100分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ渋谷 2019年劇場鑑賞412本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:24 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする