2019年12月26日

読まれなかった小説

 トルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督が、3時間以上で家族の問題を会話劇中心に描きました。文学、宗教も含めて家族のあり方をミニマムな会話劇でつづっています。なんかこのままいつまでも続きそうな気をさせる、まさに小説のような映画でした。

作品情報 2018年トルコ 、 フランス、 ドイツ、 ブルガリア、 マケドニア、 ボスニア、 スウェーデン、 カタール映画 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演 アイドゥン・ドウ・デミルコル、ムラト・ジェムジル、ベンヌ・ユルドゥルムラル 上映時間189分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2019年劇場鑑賞418本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 05:30 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする