2020年04月05日

藁の楯

 ストーリーにツッコミどころがあっても、派手なアクションがあれば勢いで乗り切れるけど、それがなくなったとたん、穴だらけが目についてしまう… 前半は面白かったのになあ。脚本が悪いのか、予算が少ないのか。でもカンヌに持っていくんですよね。

 【ストーリー】
 財界の大物、蜷川(山崎努)の7歳の孫娘が連続少女暴行殺人犯の清丸(藤原竜也)に殺された。蜷川は清丸を殺害したものに10億円の賞金を出すことを宣言する。

 福岡で逮捕された清丸を48時間以内に東京の警視庁まで護送しなければならないが、10億円の賞金目当てに警察内部の人間ですら清丸の命を狙う始末。警視庁警備部SPの銘苅(大沢たかを)、白岩(松嶋菜々子)ら5人の警官が護送チームに任命されるが、そのなかにもスパイがいるかもしれない。人間のクズのような男を、命懸けで守れるか、過酷な旅が始まった。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 20:30 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンカーン

 米国人なら誰でも知っている偉人なだけに、説明的なエピソードは一切なく、ゲティスバーグの演説しかしらないような日本人にとっては、ちょっと苦しいかも。ダニエル・デイ・ルイスのオスカー主演男優賞受賞は納得ですが。

 【ストーリー】
 南北戦争末期、北軍の勝利は動かないところに来ていた。大統領選で勝利し、二期目に入ったリンカーン(ダニエル・デイ・ルイス)は、終戦の前に、奴隷制の廃止を憲法に盛り込む憲法修正13条を可決しようと計画していた。しかし、議会には反対派の議員も多く、可決までは困難な道が予想された。

 一方、子供の夭折で精神的にバランスを欠いてきたリンカーンの妻メアリー・トッド(サリー・フィールド)は、長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が従軍したいという希望に大反対。父リンカーンも苦悩する。




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:45 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする