2020年04月08日

言の葉の庭

 「秒速5センチメートル」の新海誠監督の最新作。中編アニメの「言の葉の庭」と短編アニメの「だれかのまなざし」の併映で、父と娘の触れ合いを描いた「だれかのまなざし」の方が好みでした。

 【ストーリー】
 都会で一人暮らしをするOLの綾(声・花村怜美)は日常につかれきっていた。久しぶりに父(小川真司)から電話がかかってきたが、邪険な応対をしてしまう。子供のころは父のことがあんなに好きだったのに、いつから、うざく感じたのだろうか、とふと思った。仕事で忙しい母の代わりに、父は猫のみーちゃんを飼ってくれた。しかし、みーちゃんも年老いて、同時に父も年老いたことに綾は気がつく。(だれかのまなざし)

 高校1年生のタカオ(声・入野自由)は雨が降る朝は学校をサボり、新宿御苑の庭園に行く。靴職人になりたいタカオはそこで、靴のデザインを考えるのだった。ある雨の朝、チョコレートをつまみに金麦を飲んでいる年上の女性ユキノ(花澤香菜)と出会う。どこかで見た気もするが、彼女は気のせいだという。そして、別れ際に万葉集の和歌を口ずさむ。その時から、雨の朝に限った2人の交流が始まった。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 20:14 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容疑者X 天才数学者のアリバイ

 ガリレオシリーズで、日本でも映画化された容疑者Xの韓国版。なんと、湯川さんも内海刑事も登場しません。でも、見終わってその理由も納得しました。日本版も良い映画だと思いますが、僕はこちらの方が好きですね。

【ストーリー】
 数学の天才だが成果が出ず、高校の数学教師として冴えない生活を送っているソッコ(リュ・スンボム)。隣人で、近所の弁当屋で働く女性ファソン(イ・ヨウォン)と話すことだけが、彼の支えになっていた。

 ところが、ファソンにDVを振るっていた元夫のサンジュン(キム・ユンソン)に襲われ、ファソンと同居の姪ユナ(キム・ボラ)は正当防衛から彼を殺してしまう。ソッコはファソンたちのために、完璧なアリバイを創りだす。一方、捜査本部のミンボム刑事(チョ・ジヌン)は、偶然、ソッコの同級生だった。彼は動機があるファソンが犯人ではないかと、疑うのだが…。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:38 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする