2020年05月01日

ワールド・ウォーZ

 ジャンルとしてのゾンビ映画が苦手なうえに、あまりにもご都合主義。ゾンビ映画史上最高の予算をかけた(200億円!)映像ととにかくジェットコースター的なストーリーは素直にすごいと思いましたが。

 【ストーリー】
 国連の凄腕調査員、ジェリー(ブラッド・ピット)は引退して、妻カリン(ミレイユ・イーノス)と2人の幼い娘のために専業主婦になる毎日。ある日、町へ出た一家4人は大パニックに巻き込まれる。町がゾンビに襲われたのだ。

 間一髪国連のヘリに助け出されたジェリーたちだが、元上司のティエリー(ファナ・モコエナ)から、ゾンビ発生の原因を突き止めるように指示される。いうことを聞かないと、家族を安全地帯から追い出すと言われたジェリーは、世界を飛び回る羽目になる。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by 映画好きパパ at 21:00 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

31年目の夫婦げんか

 メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズという大ベテラン2人が倦怠期の平凡な夫婦になりきって演じてます。ちょっとHだけど、夫婦とは何か考えさせられるコメディでした。

 【ストーリー】
 ケイ(メリル・ストリープ)とアーノルド(トミー・リ・ージョーンズ)は結婚31年目の夫婦。子供は社会人になり、裕福な暮らしをしている傍から見れば何一つ不自由ない夫婦だが、夜の営みはもう何年もなく、寝室も別々、会話も最低限のものを繰り返すだけ。ケイは不満が溜まっていった。

 書店で夫婦カウンセラーのフェルド(スティーブ・カレル)の本を読んだケイは感動し、無理やりアーノルドとともにカウンセリングを受けることにする。1週間の休暇をとって、海辺の田舎町にあるフェルド医師のクリニックへはるばるやってきた2人だが、次々に出される課題に…



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 09:03 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする