2020年05月02日

許されざる者

 イーストウッドが西部劇を蘇らせたといわれるハリウッドの名作を日本でリメイクという大胆な試み。李相日監督と渡辺謙の組み合わせも映画ファンなら見逃せないでしょう。

 【ストーリー】
 元幕府軍で人斬り十兵衛(渡辺謙)と言われた男は明治政府の目を盗み、北海道の片隅で幼い子供二人と暮らしていた。彼のところに旧友の金吾(柄本明)が現れ、賞金首を討ちに行こうと誘う。奥地の村の女郎部屋で、ささいなトラブルから遊女なつめ(忽那汐里)の顔に醜い切り傷をつけた開拓民2人に、女郎たちが懸賞をかけたのだ。

 一度は誘いを断った十兵衛だが、困窮した生活から子供達を助けるため、金吾に同道することに。途中、アイヌ出身の青年、五郎(柳楽優弥)も加わった。だが、村の警察署長、大石(佐藤浩市)は絶対権力者として、賞金稼ぎの存在など許さなかった。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 21:11 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の終り

 満島ひかり、綾野剛、小林薫と素晴らしい俳優、女優の組み合わせの恋愛映画なんですが、原作の瀬戸内寂聴の自伝的小説を読んでいないと意味不明なところが多く、久々に、映画途中で爆睡してしまいました。

 【ストーリー】
 戦後まもなく、初老の作家、慎吾(小林薫)の愛人となり、ひっそりと暮らす美術家の知子(満島ひかり)のところに、かつて駆け落ちした相手の涼太(綾野剛)が現れた。愛に生きる知子と2人の男の微妙な関係が続く。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:52 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする