2020年05月08日

飛べダコタ

 非常に真面目に作られた作品で、埋もれるのが惜しい。あまりにも真面目すぎるので、つまらない教育映画のように思われるのかもしれません。でも、誠実に作ってある作り手の態度はこちらに伝わりますし、邦画の戦争を扱った最近の作品のなかでは上位に来ます。

 【ストーリー】
 1946年1月、新潟県佐渡島に英国軍の輸送機C47(ダコタ)が不時着した。乗員、乗客は無事だったが、ダコタは砂浜に埋まり、大きく破損した。英国軍は乗員に修理して再び飛ばすように命じるが、佐渡島には機材も滑走路もない。

 一方、村人にとってもつい半年前まで鬼畜米英と恐れていた英国軍兵士を間近にみるのは初めてだった。村長の森本(柄本明)は、自分の旅館に乗員を止め、修理を手伝うことを申し出るが、娘を空襲でなくした警防団長の高橋(ベンガル)を初め、敵視する村民も多かった。村長の娘、千代子(比嘉愛未)は、「これからは平和の時代」と村民の先頭に立って、協力を呼びかける。しかし、千代子の幼馴染で、軍隊で片足を失った健一(窪田正孝)は、憎しみを募らせるのだった。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:26 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする