2020年05月13日

地獄でなぜ悪い

 近年、残酷な凶悪犯罪が多発しています。三鷹の女子高生ストーカー殺人の容疑者は、アニメオタクだったと週刊誌などに書かれています。映像が青少年の心に与える影響は大きく、人の命をゲームのように扱う風潮は憂うべきものです。映画関係者もそういうことを考えながら作品を撮影する必要があるでしょう。映画愛とは製作者の映画への愛だけではなく、観客の映画への愛も呼び起こすものでなければいけなく、涙や感動が求められていでしょうから。また、プロがお金をとって興行する以上、勢いなどでごまかさず一定レベルの品質は保つ必要もあるでしょう。その意味で、本作に拒絶反応が起きている人が出ているのは十分ありうるべきことでしょう。

 【ストーリー】
 暴力団組長武藤(國村隼)は、妻のしずえ(友近)の出所を10日後に控え、焦っていた。しずえは、武藤を襲おうと自宅を襲撃した敵対組織のヒットマンを全滅させ、過剰防衛で10年間刑務所に入っていたのだ。武藤は、妻の出所祝いに、ひとり娘で女優のミツコ(二階堂ふみ)の初主演映画が公開されると話していた。ところが、ミツコは撮影現場から男と逃走。映画会社を首になったミツコのため、武藤は自分たちで映画を作ろうと決意する。

 男に逃げられたミツコは通りがかりの純朴な青年公次(星野源)に1日だけ恋人のふりをしてくれと頼み込む。だが、武藤の手下に2人ともつかまり、公次は殺されかける。機転を利かせたミツコは、公次が映画監督で、自分が主演の大傑作を計画中だと嘘を付き、喜んだ武藤は直ちに映画作りに着手するよう命じるが、公次は映画など作ったこともない。

 ボンクラな映画少年がそのまま大人になった平田(長谷川博己)は、映画史に名を残す大傑作の監督になるのが夢だった。しかし、その夢を果たせないまま、年だけを重ねていった。偶然、平田を知った公次は、彼に映画作りを頼む。平田はなんと、武藤組と敵対組織の池上組の抗争を撮影して、ミツコ主演の映画にしようと計画。しかも、池上組長(堤真一)は、だれにも内緒にしていたが、女優ミツコの大ファンだった。かくして、出演者もスタッフもみんなヤクザで、本物の殺し合いを撮影するというとんでもない映画作りが始まった。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:00 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする