2020年05月19日

あの頃、君を追いかけた

 イケてない男の子だったら誰でも思い当たる純愛を描いた台湾の青春映画。ちょっと下ネタに走り過ぎのきらいもありましたが、ラストのキスは切なくても笑えるという、何とも見事なストーリーでした。のちに齋藤飛鳥主演で日本でリメイクされます。

 【ストーリー】
 台湾の田舎町の高校生、コー(クー・チェンドン)は、アホばかりしている落第生。仲間もマタカキというあだ名のリャオ(ツァイ・チャンシエン)、股間を膨らましてばかりのシュー(イエン・ションユー)ら、イケてない連中ばかり。

 ところが、学校一の優等生で学級委員のチアイー(ミシェル・チェン)を学校でかばったことから事態は変わっていく。彼女にはグループ全員が惚れていた。その中で、バカだけど根が純真で正義感の強いコーと仲良くなるチアイー。コーも、チアイーに勉強を教えられ、成績を伸ばしていく。2人の距離は徐々に縮まるが、親友以上になかなかなれない。やがて、卒業とともに、別々の街に進学することになる…



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:13 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする