2020年05月23日

グランド・イリュージョン

 豪華絢爛なマジックショーにすっかり魅了されました。ただ、リアルを重んじる人は醒めてしまうかも。冒頭に、観客に向けてトランプの手品が出されるので、そこにひっかかった僕のような人は、最後まで楽しめると思いました。

 【ストーリー】
 売れないマジシャンのダニエル(ジェシー・アイゼンバーグ)は謎の人物から呼び出され、ニューヨークの古びたアパートに行った。そこには、同じくマジシャンのヘンリー(アイラ・フィッシャー)、ジャック(デイヴ・フランコ)、メリット(ウディ・ハレルソン)が呼び出されていた。

 1年後4人は「フォー・ホースメン」というチームを組み、人気マジシャンとして活躍していた。ラスベガスのショーで、これから銀行強盗を行うと宣言。何千人もの観客の前で、一瞬にしてパリの銀行から大金を盗み出すことに成功する。FBIのディラン捜査官(マーク・ラファロ)とインターポールのアルマ捜査官(メラニー・ロラン)が4人を逮捕して取り調べるが、パリまで瞬間移動するマジックの謎が解けず、釈放する羽目に。「フォー・ホースメン」は次の犯罪を予告する。頭を抱えるFBIに、マジックの種バラシショーをするサディアス(モーガン・フリーマン)が近づき、自分なら「フォー・ホースメン」のトリックを見破れると、捜査協力を申し出る。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:03 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする