2020年05月25日

42−世界を変えた男

 大リーグで初めて黒人のプレイヤーとなったジャッキー・ロビンソンと、黒人をプレイヤーにする決断をした球団会長のブランチ・リッキーを描いた物語。信念を貫く男の生き様と、それに感化されて変わっていく周囲の姿は胸が熱くなるでしょう。抑えた描写が続くのに、最後まで画面から目が離せませんでした。

 【ストーリー】
 第二次大戦後のアメリカでは、黒人差別は続いており、白人と黒人が一緒にプロスポーツをすることは事実上禁じられていた。ブルックリン・ドジャースの球団会長ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、若い頃の苦い経験もあり、黒人選手を獲得することを決意する。選ばれたのが、ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)。

 傘下の3A球団ロイヤルズと契約した彼は1年目から大活躍した。しかし、偏見はぬぐいがたく、脅迫を受けて急きょ宿舎を変えたり、南部の球場ではプロ野球に黒人参加は認めないと、試合が中止になったほど。活躍が認められてメジャー昇格が決まったが、ドジャースナインは黒人と一緒にプレーしたくない、と嘆願書を出すほどだった。しかし、リッキーの信念の強さと、ジャッキーの見事なプレーが次第に壁を乗り越えていく。




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:00 | Comment(0) | 2013年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする