2014年01月19日

REDリターンズ

 ブルース・ウィリス主演の豪華スター顔見世アクション。ゆるーいアクションで肩がこらないのは良いのですが、ラストとかあまりにも取って付けた感じでなんだかなあ。

 作品情報 2013年米国映画 監督:ディーン・パリソット 出演:ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー 上映時間:116分 評価★★(五段階) 鑑賞場所TOHOシネマズららぽーと横浜 鑑賞日1月7日 2014年劇場鑑賞5本目


ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】

 元CIAのスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、引退して恋人サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)とラブラブの日々を過ごしていた。そこへかつての同僚、マーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が現れ、昔手がけたミッションがネットにさらされ、命の危険があると警告する。

 32年前、2人はベイリー博士(アンソニー・ホプキンス)をモスクワに潜入させたのだが、ベイリーは小型核爆弾をモスクワに仕掛けており、その存在が明らかになったのだ。各国から核テロリストと指名手配されたフランクたちは、昔の仲間たち(ヘレン・ミラン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ブライアン・コックス)の助けを借りながら、事件の解決に乗り出す。

 【感想】

 REDはRetired(引退した)Extremely(とっても)Dangerous(危険人物)の略で、前作から3年後に作られた続編。ただ、基本的に年寄り連中が大活躍した前作に比べると、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとか、イ・ビョンホンとかも目立ってます。イ・ビョンホンの役はフランクの不倶戴天のライバルというのなら、年齢からいって、もっと貫禄のある俳優渡辺謙とかチョウ・ユンファとか一回り上の俳優のほうが良かったたらーっ(汗)

 物語は何も考えずにアクションが進んでいきます。意外だったのが一番見せ場があったのがヘレン・ミランで、ブルースは省エネとまではいかないまでも、アクションの見せ場がそれほどなかったこと。サラとのラブラブにエネルギーが費やされたのでしょうか。まして、マーヴィンは、常識的な止め役に回ってしまって、1作目のようなもっとアナーキーな演技かと思いきや、期待ハズレでしたあせあせ(飛び散る汗)

 アメリカだけでなく、ロンドン、パリ、モスクワと派手な銃撃戦やカーチェースを繰り広げて、見ている分にはあきないけど、話の作りにかなり無理が。コミック原作でディズニー制作だから、あまりしかめっつらしても仕方がないのはわかるけど、核爆弾の扱いがちょっと能天気すぎるのが、日本人なら気になるでしょうバッド(下向き矢印)

 ラストは個人的には疑問。犯人をもっと極悪人にすればいいのに、ちょっと同情しちゃいましたからねえ。ディーン・パリソット監督は「ギャラクシークエスト」で王道のエンタメ作品を作るのは上手いのかと思いきや、その後がぱっとしないのも、この映画を見ればなんとなくわかりました。個人的にはDVDでも良かったかも。

 1作目のほうがおもしろかったかなあ。まあ、顔ぶれから見て続編作る気、満々でしたが。



 イ・ビョンホンはハリウッドづいていますね。GIジョーの2作目で共演したブルース・ウィルスに気に入られて、REDリターンズに出演が決まったという話もありますが、どうなんでしょうか。


posted by 映画好きパパ at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「REDリターンズ」 アクションとコメディの塩梅がいい
Excerpt: 前作「RED/レッド」がスマッシュヒットということで、その続編。 「RED/レッ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-01-26 07:13

REDリターンズ
Excerpt: 前作同様、頭空っぽにして楽しめた。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2014-01-29 22:38