2014年03月15日

それでも夜は明ける

 今年のオスカー受賞したのも納得の、堂々たる作品。でも「大統領の執事の涙」の時も思ったけど、オバマ大統領が黒人だから、こういう映画が続出しているんですかね。

 作品情報 2013年アメリカ映画 監督:スティーヴ・マックィーン 出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット 上映時間:134分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所TOHOシネマズ渋谷 鑑賞日3月10日 2014年劇場鑑賞38本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



 【ストーリー】
 1841年、ニューヨークで自由黒人として、家族と平和に暮らしていた音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日だまされて、南部へ逃亡奴隷として売り飛ばされてしまう。自分は自由黒人だと訴えるが、激しい暴力を受ける。

 ニューオリンズで奴隷商人フリーマン(ポール・ジアマッティ)に名前も奪われ、プラットという名を押しつけられた彼は、農園主のフォード(ベネディクト・カンバーバッチ)に売られる。フォードは紳士的だったが、理不尽ないじめをする大工のティビッツ(ポール・ダノ)に反抗したところから、殺されかけ、別の農園主、エップス(マイケル・ファスベンダー)に転売される。エップスは奴隷は家畜と考え、鞭で殴るのを楽しみにする男だった。


 【感想】
 「リンカーン」「ジャンゴ」など、当時の奴隷制度の問題点を描く作品は最近増えているけれど、本作は、白人の農園主が暴力をふるうだけでなく、女性の奴隷を性のおもちゃにしてもてあそぶという、アメリカにとってタブーともいえる題材も、きちんと描写しています。ブラッド・ピットが制作に名乗りを上げたとはいえ、ハリウッドのメジャーは皆そっぽを向き、監督、主要な俳優は英国人で占めるなど、今なお難しいテーマを、しっかりとした作品に仕上げ、オスカー受賞までいたったのは、スティーブ・マックイーン監督が早くも名匠への道を歩み始めたことの証しでしょう。

 ソロモンの苦難は筆舌に尽くしがたいですが、単に過激なエピソードをつなげるだけでなく、過激な描写の裏のシーンが実にえぐい。ソロモンが白人に反抗したとして、木に吊らされる場面では、彼が殺されそうなのに、回りは子供たちを含めて、普段のままの生活をしており、何の関心も向けない。実は、ソロモン自身も、白人が黒人を吊らしている場面に遭遇したことがあるのだが、そのとき、ソロモンは何もできなかったのだ。こうした無力感がいかに彼らの間に蔓延しているかがよく分かりました。

 ティビッツやエップスが、黒人につらく当たるのは、実は自分が白人のなかでは弱い人間であるという描写もみごとです。通常、こういう話では悪人は根っからの悪人ですけど、自分の弱さが克服できないどこにでもいそうな人が、いつ、このような迫害をする人間に変わっても不思議ではないことをよく表しています。そういう意味では、一見、淑女そうにみえるエップスの妻(サラ・ポールソン)の冷酷さが一番、怖かったかもしれません。さらに、紳士的で牧師でもあるフォードが、表面的には同情しても、ソロモンを奴隷の身分から助けることは何もしなかったというのも象徴的でした。

 クライマックスは、ソロモンの心だけでなく、見ているこちらの心も張り裂けそうになりました。「それでも夜は明ける」というタイトルは、ソロモンにとってはあっているかもしれないけど、何万、何十万という歴史に埋もれた奴隷たちにとっては、一度も夜は明けなかったわけです。原題は「12 YEARS A SLAVE」ですから、配給会社がどこまで狙ったのかわかりませんけど、何とも考えさせられるタイトルでした。

 登場人物は、みなすごい演技力なのだけど、キウェテル・イジョフォーはなぜオスカー受賞しなかったのかなあ。「ダラスバイヤーズクラブ」はまだ見ていないのでなんともいえないのだけど、本作はオスカー級の熱演。鞭で打たれるなど体当たりもそうなんだけど、台詞はなくても、表情や目で伝わってくるのがすごい。みごとに助演女優賞を受賞した、女奴隷役のルピタ・ニョンゴは、映画初出演とは思えないほど見事でした。ブラピがおいしい役だったのは、ご愛敬かでしょうか。

 最近、本当に黒人差別のテーマの映画が増えましたね


未見ですが、今から40年以上前の作品で、女性奴隷の問題もとりあげた問題作。
posted by 映画好きパパ at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(14) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『それでも夜は明ける』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、   ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-03-15 08:15

『それでも夜は明ける』 不自由の中にあるものは?
Excerpt:  仮面ライダーは何のために戦うのか? 平和のため? 正義のため?  そのいずれでもない。  『仮面ライダー』のオープニングで、ナレーションの中江真司氏はこう述べている。  「仮面ライダー本郷猛は..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2014-03-15 09:04

『それでも夜は明ける』 2014年3月7日 TOHOシネマズスカラ座
Excerpt: 『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。 劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど 初日の夜の回にしては意外と空いていた。 アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2014-03-15 09:40

『それでも夜は明ける』
Excerpt: (原題:12 Years a Slave) (※ネタバレ注:見どころに触れています) 「さて、今夜は話題の『それでも夜は明ける』を…」 ----あっ、これだったら知っているよ。 タイトルが原..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2014-03-15 13:37

それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 12年、奴隷として。 史実に基づく実話を映画化。 本年度アカデミー賞作品賞で見事受賞 ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2014-03-15 17:23

それでも夜は明ける : これに投票した私は善良です的な
Excerpt:  何だか、木曜日から急に仕事が忙しくなってきた。なかなか映画を観れないが、やっぱり仕事は忙しくないとね。では、水曜日に観た映画の記事をアップします。 【題名】 それ
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2014-03-15 21:18

それでも夜は明ける  監督/スティーヴ・マックィーン
Excerpt: 【出演】  キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ルピタ・ニョンゴ 【ストーリー】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮ら..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2014-03-16 20:24

映画:それでも夜は明ける 12 Years a Slave 圧倒的! アカデミー賞「本命」と判断。
Excerpt: まずオープニングで驚く。 基本プロットは予想がつく通り、主人公はNYに住む、自由証明書で認められた自由黒人。 地位、名誉、家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致さ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2014-03-18 01:59

それでも夜は明ける
Excerpt:  『それでも夜は明ける』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞で作品賞を獲得したというので映画館に行きました(注1)。  映画の時点は1841年で、1863年の奴隷解..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-03-21 22:00

「それでも夜は明ける」本年度アカデミー作品賞作品の実力
Excerpt: 「それでも夜は明ける」★★★★ ウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、 ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、 ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、 ブラッド・ピット、アルフレ・..
Weblog: soramove
Tracked: 2014-03-29 17:57

映画『それでも夜は明ける』を観て〜アカデミー賞受賞作品
Excerpt: 14-25.それでも夜は明ける■原題:12 Years A Slave■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス■上映時間:134分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:3月15日、TOHOシネマズ..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2014-04-01 23:35

映画「それでも夜は明ける」 感想と採点
Excerpt: 映画 『それでも夜は明ける』 (公式)を3/7の劇場公開日からだいぶ経ちましたが、やっと先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-04-13 20:32

「それでも夜は明ける」
Excerpt: 「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-04-22 14:55

それでも夜は明ける
Excerpt: 【概略】 突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。 ドラマ 黒人差別問題が題材の..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-09-02 08:28