2014年03月25日

オール・イズ・ロスト

 インド洋のど真ん中で漂流した男の物語で、登場人物はロバート・レッドフォード一人だけ。セリフもほとんどなしと、これまでにない斬新な作り方の作品。この設定で100分以上もつのか、と思いきや、最後まで楽しめました。

 作品情報 2013年アメリカ映画 監督:J・C・チャンダー 出演:ロバート・レッドフォード 上映時間:106分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所TOHOシネマズシャンテ 鑑賞日3月18日 2014年劇場鑑賞45本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【ストーリー】
 スマトラ沖3000キロのインド洋。自家用ヨットで横断していた男(ロバート・レッドフォード)が目覚めると、船内に水があふれていた。ヨットの側面に漂流物のコンテナがぶつかって穴が空き、そこから浸水していたのだ。

 無線もパソコンも水浸しになり使い物にならない。このままでは舟は沈んでしまう。男は必死に立て直そうとするが、嵐がそこへ襲いかかる。

 【感想】
 面白い映画だし、80歳近いレッドフォードのびしょ濡れになりながらの熱演にはびっくりするのだけど、虎と漂流する「ライフ・イズ・パイ」とか、宇宙を漂流する「ゼロ・グラビティ」の記憶が新しいので、ちょっともったいない気がしました。虎や宇宙に比べると、エンタメ性は弱いから、オスカーにノミネートされなかったのも仕方がないかなあ。。

 ただ、僕はヨットのことはまったく分からないけれど、リアルっぽいという意味ではこちらのほうが圧倒的でした。何より、どんなピンチに陥っても、決してあきらめない不屈の闘志。僕なんかだと、最初のピンチでもうお手上げで何もしなくなるでしょう。けれども、この男は次から次へとピンチが襲いかかるけど、決してあきらめず、パニックにもならずに、事態に立ち向かっていきます。ヨットを知っていれば、分かるだろうシーンも結構ありました。一方、海中からヨットを眺めるシーンでは、小さな魚の群れを襲う大きな魚の様子を手前に構え、奥に月や太陽の幻想的な風景を置き、自然の厳しさと美しさをしっかり描写。とにかく海の怖さ、孤独さと、それを上回る、生きることの荘厳さというのが感じられました。これはスクリーンで見るべき作品ですね。

 主人公の名前が「Our Man」とあり、固有名詞がないというのも、考えさせられます。寡黙な海の男(もっとも一人でいるときにうるさかったら、ただのおかしな人ですが)はこのような存在だという、普遍性か象徴性を持たせたかったのかもしれません。けれども、ヨットに限らず、人生という航海のうえでも、決してあきらめず、最後まで立ち向かう重要性が、メッセージとして伝わってきます。

 レッドフォードはサンダンス映画祭で、若手映画人の支援に努めており、チャンダー監督はサンダンス映画祭でデビュー作がプレミア上映されました。レッドフォードも、自分が支援した若手に招いてもらい、しかも、孤独なヒーローという最高の見せ場を作ってもらったからうれしいでしょうね。

 ロバート・レッドフォード、まだまだ映画界で活躍してうれしいです。
posted by 映画好きパパ at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

J・C・チャンダー脚本・監督、ロバート・レッドフォード主演『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜(All Is Lost)』"インド洋ひとりぼっち"
Excerpt: 注・内容、ラストに触れています。76歳(撮影時)のロバート・レッドフォードが挑むインド洋ひとりぼっち。究極(という言葉が陳腐に思えるほどの人間ドラマにして)サバイバル映画『オール・イズ・ロスト〜最後の..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2014-03-25 11:13

オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) 随分とお年を召されたレッドフォードですが
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2014-04-13 18:26

オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜★★★
Excerpt: インド洋で遭難してしまいたった一人で孤独や命の危険との闘いを強いられた男を、名優ロバート・レッドフォードが演じるヒューマンドラマ。自家製ヨットでの気ままな航海の旅が事故により一転、大自然の猛威にさらさ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-07-05 11:38