2014年05月29日

野のなななのか

 ベテラン大林宣彦監督が、後世に伝えたい自分の思いを作品にぶつけようとして、いわゆる「映画」の枠を飛び出した怪作。この年でこれだけの作品を作れる若者以上のパワーがあるのだから、あなどれませんよね。しかし、映画の文法はいっさい無視されているので、恐らく、大半の人にはあわないのではないでしょうか。ぼくも正直、反原発思想の押し付けすぎの部分は辟易としました。

 作品情報 2013年日本映画 監督:大林宣彦 出演:品川徹、常盤貴子、安達祐実 上映時間:171分 評価★★★★(五段階)鑑賞場所:TOHOシネマズららぽーと横浜、鑑賞日5月26日 2014年劇場鑑賞76本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【ストーリー】 北海道芦別市で風変わりな古物商を営む鈴木光男(品川徹)が雪の日、92歳で大往生を遂げた。同居する孫のカンナ(寺島咲)の連絡で、親戚たちが葬儀のため集まってくる。そこへ、謎の女性、信子(常盤貴子)が現れた。信子はカンナたちが幼いころに、光男と同居していた女性だが、そのときと寸分変わらない姿だった。

 信子は古本屋で買った中原中也の詩集を大事に持っていた。その詩集の前の持ち主は綾野(安達祐実)という女性だった。綾野は、日本の戦争が終わったはずの1945年8月16日に、ソ連軍に攻撃された樺太に光男とともに渡っていた。生と死が交錯するなななのか(四十九日)、光男の過去と思いが少しずつ明らかになっていく…

 【感想】
 冒頭、野外で音楽隊が演奏を始めるシーンが延々と流されます。それに続いて、光男が倒れるシーンに続きますが、親戚の会話も含めて、すべて朗読のような口調で行われるうえ、日常会話としては不自然な言い回しや、妙なカット割で、とにかく疲れます。さらに、上映時間のほとんどすべて、BGMが流れます。この繰り返し流れるテーマ曲は頭にこびりつきます。

 この時点で、ただの映画ではないと思わされるのですが、その後は案の定、幻想的でもあり、観念的でもあり、とにかく監督の主張を伝えたいという思いがほとばしっていました。すなわち、原発事故を起こして故郷を汚した人間への警鐘と、日本人のほとんどが知らない、樺太へのソ連侵攻をフックに、帆船への強烈な思いです。これが、あまりにもでてくる一方、生者と死者が交錯するなななのかの出来事、とくくるうえで、たいそう幻想的な仕上がりになっています。

 そして、北海道・芦別への思い。芦別映画学校の活動を長年続けた大林監督にとって、恩返しの意味があったのでしょう。ただ、ちょっと不必要と思えるくらい、芦別の現状紹介があり、これらを含め、現地に興味がない人からすれば、「なんだ、この映画は」と否定的になってもおかしくありません。僕自身、体調が万全でないため、途中、寝てしまいました。ただ、前半の退屈で散漫なエピソードの羅列と思われた部分も後半につながってくるので、もし時間がとれたら、また見に行きたいと思います。

 主役が品川徹というのは、びっくりしましたが、品川、常盤、安達の主要キャスト3人は大林映画は初めてではないでしょうか。品川は舞台俳優出身ということで、朗読調のセリフ回しがよく似合っていました。また、安達をこんな妖艶さに撮れるというのは、大林監督ならではの腕でしょう。そして、大林組常連の寺島も、この不思議な世界になじみきっていました。とにかく、映画らしくない映画を邦画で久々に見た気がします。

 また、TOHOシネマズの上映前予告編でおなじみの山崎紘菜の演技を始めてみましたが、実に初々しい。大林監督作品出演で大きくはばたけばいいですね。

posted by 映画好きパパ at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【 野のなななのか 】四十九日
Excerpt: 野のなななのか     監督: 大林宣彦    キャスト: 品川徹、常盤貴子、寺島咲、山崎紘菜、安達祐実、窪塚俊介、左時枝、村田雄浩、松重豊、柴山智加、内田周作、細山田隆人、小笠原真理子、イ・ヨン..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2014-05-29 19:32

「野のなななのか」
Excerpt: 2014年・日本/芦別映画製作委員会=PSC配給:PSC、TMエンタテインメント 監督:大林宣彦 原作:長谷川孝治 脚本:大林宣彦、内藤忠司 音楽:山下康介エグゼクティブプロデューサー:大林恭子プロデ..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2014-05-30 00:24

野のなななのか ★★★.5
Excerpt: 『その日のまえに』『この空の花 長岡花火物語』などの大林宣彦が、北海道芦別市を舞台にしたドラマ。92歳で亡くなった家長の葬儀で顔をそろえた一族が、ある女性の来訪を契機に家長の知られざる過去を知る姿を描..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-06-07 23:39

大林宣彦監督『野のなななのか』常盤貴子、品川徹、寺島咲、安達祐実、他 "見ることによって語り継がれる映画"
Excerpt: 注・内容に触れています。『野のなななのか』大林宣彦監督出演 : 常盤貴子、品川徹、寺島咲安達祐実、他音楽 : パスカルズ 物語・北海道芦別市で古物商を経営する元病院長の鈴木光男(品川徹)が、3月11日..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2014-06-11 11:18