2014年06月22日

春を背負って

 名カメラマンの木村大作が「劔岳 点の記」に続いて、富山県の山岳を舞台に描いた作品。CGを使わないカメラワークはさすがなのですが、いかんせん、お話があまりにも…。とくにラストはこちらの頭の中もお花畑になり、ぐるぐるまわっています。

 作品情報 2014年日本映画 監督:木村大作 出演:松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司 上映時間:116分 評価★★★(五段階)鑑賞場所:TOHOシネマズ渋谷、鑑賞日6月17日 2014年劇場鑑賞95本目



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 東京の外資系証券会社のトレーダー、享(松山ケンイチ)は、立山連峰で山小屋を営む父の勇夫(小林薫)が遭難して急死たとの連絡が入る。厳格な父に山のことを叩き込まれた享は、父と喧嘩して故郷を捨てていた。

 葬儀では母の菫(檀ふみ)や勇夫の山仲間たちが出迎えてくれたが、そのなかに見知らぬ女性愛(蒼井優)がいた。彼女は山で遭難したところを勇夫に助けられ、そのまま山小屋でアルバイトをしていた。菫と愛と山小屋にいった享は、父の遺志をついで山小屋の主人になる決意をするが、山はそんなに甘いものではない。そんな彼のもとに、勇夫の後輩で風来坊のゴロー(豊川悦司)が現れ、愛とともに、山小屋を支えていく。
 【感想】

 まだ雪が残る山々を舞台に、CG抜きでどうやって撮影したのかと不思議に思えるほどの撮影技術。この映画の美しい山々をみれば、過酷でもあり、心のよりどころでもある山に魅せられるのも十分わかります。また、吹雪や嵐のシーンは、役者が大丈夫かと心配になるほどの迫力でした。

 ただ、脚本が妙に平板。山男との対比で証券トレーダーというのもありきたりだし、せっかくそういう設定したのに、証券会社の上司(仲村トオル)が妙に物分りがよい。せっかくなら、非人間的な証券会社と描けば、まだメリハリがついたのに。

 物語のエピソードもそれぞれぶつ切りというか、消化不良のまま、次に進んでしまうものが多く、せっかくなら、もっと一つ一つのエピソードを大切に掘り下げればいいのに、と思いました。脚本には木村監督のほか、瀧本智行、宮村敏正の名前もありましたが、正直、登場人物は善人だらけで、享は自分の責任でないことをイジイジと悩んでいますし、昭和30年くらいの松竹映画をみているようでした。

 しかし、なんといってもラストです。それまで2時間近く積み上げてきたものをたったワンシーンで笑劇のかなたへと連れて行ってくれました。いや、たぶん、ここ何年かで一番印象に残るラストかと。まあ、木村監督のような映画界の大ベテランだから、こういう映画をとれるんだろうな、とある意味納得してしまいました。プロデューサーもとめられなかったのでしょうねえ。

 役者は松山、小林、豊川、蒼井をはじめ、新井浩文、安藤サクラ、石橋蓮司など巧い曲者がそろっていただけに、余計に、ラストの印象は強かった。まあ、木村監督は小さくまとまるなよと、日本映画へ警鐘をならしたかったのかもしれません。


posted by 映画好きパパ at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(7) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画 春を背負って
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館で観た映画     高澤愛が、山小屋の屋根から布団に飛び降りる   シーンは、ちょっと心臓..
Weblog: こみち
Tracked: 2014-06-22 10:29

春を背負って ★★★
Excerpt: 日本映画界を代表する名カメラマンであり初監督作『劔岳 点の記』が絶賛された木村大作による人間ドラマ。笹本稜平の小説を原作に、これまでの生活を捨て亡き父が遺(のこ)した山小屋を継いだ青年と、それぞれに居..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-06-22 20:58

春を背負って
Excerpt: 標高3000m――悠久の大自然に描かれる、 “家族”の物語。 製作年度 2014年 上映時間 116分 原作 笹本稜平 脚本 木村大作/瀧本智行/宮村敏正 監督 木村大作 出演 松山ケンイチ/蒼井優..
Weblog: to Heart
Tracked: 2014-06-24 00:07

春を背負って
Excerpt:  『春を背負って』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作を制作した木村大作監督による前作『劔岳 点の記』が良かったこともあって映画館に足を延ばしました。  本作の最初では、20年前のこ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-06-24 06:43

春を背負って
Excerpt: 笹本稜平著をもとに、舞台を立山に移して描いた人間ドラマです。 映像の迫力が印象的だった木村大作監督の新作なので、どんな物語なのか気になっていました。 美しくも厳しい自然と、その自然の中で生きる人々の姿..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2014-06-28 22:18

『春を背負って』 映画を観るのに大事なもの
Excerpt:  正直に告白しよう。  私は木村大作氏が苦手だった。  氏は名カメラマンである。美しい映像をカメラに収め、数々の名作映画を世に送り出した。その実績は誰もが知るところだ。  けれども、私は氏の仕事..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2014-07-06 20:02

春を背負って
Excerpt: 春を背負って '14:日本 ◆監督:木村大作「劔岳 点の記」 ◆主演:松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2014-08-18 21:58