2014年06月25日

超高速!参勤交代

 第37回城戸賞に歴代最高点で輝いた土橋章宏の脚本を映画化。これまで、数多くの時代劇があるなか、参勤交代に目を付けたアイデアと、映画版になってさらにブラッシアップされたことが功を奏して、老若男女が楽しめる娯楽時代劇になりました。多少、強引なところも、演者の熱演で気になりませんでした。

 作品情報 2014年日本映画 監督:本木克英 出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志 上映時間:119分 評価★★★★(五段階)鑑賞場所:109シネマズグランベリーモール、鑑賞日6月21日 2014年劇場鑑賞98本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【ストーリー】
 8代将軍徳川吉宗(市川猿之助)のころ。磐城・湯長谷藩(現在の福島県いわき市)はわずか1万5000石の小藩で、気さくな藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)は領民や家臣から慕われていたものの、財政難に苦しんでいた。莫大な費用をかけ、ようやく参勤を終えて故郷に戻りほっとした政醇のところに江戸から驚くべき知らせがくる。なんと5日以内に江戸城に出仕しろというのだ。

 通常でも8日かかるうえ、準備もあるので実質4日で江戸にたどりつかなければ、藩は取り潰されてしまう。しかし、国許の金庫はからっぽで、とても大名行列はできない。知恵者の家老の相馬(西村雅彦)や、謎の抜け人段蔵(伊原剛志)の協力で急ぎ出発するものの、道中、さまざまな難題が立ちはだかる。異例ともいえる出仕命令の裏には、湯長谷藩を取り潰して、金山を手に入れようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の陰謀があったのだ

 【感想】
 予告編をみて楽しみにしていたのだけど、それを上回る奇想天外なストーリー。何しろ、金と権力をもった悪役の無理難題を貧乏人が勇気と知恵で立ち向かうという日本人好みのうえ、特にクライマックスの切りあいは、本格的な時代劇として仕上がっているのだからたまりません。また、コミカルさで緩急をつけたのもあきさせません。

 小説版では死亡したり、拷問を受ける主要登場人物が、映画版では違った展開になることもあり、脚本は、元の脚本を書いた土橋章宏が手がけているのに、良くぞ思い切ったと感心しました。クライマックスも、小説版の手法だと映画化は苦しいと思ったのか、うまく、ストーリーを変えているのもお見事です。

 普段は温厚で、百姓からも慕われる殿様なのに、悪人と戦うときは超人的強さを見せる政醇は、佐々木が適役。彼のちゃんばらは始めてみたけれど、しっかりさまになっていました。また、殿様なのに致命的な弱さがあったり、宿場の飯盛り女、お咲(深田恭子)のために、自らの命を投げ出そうとするのも、日本的ヒーローの王道でしょう。

 脇役もはまっており、ヒロインの深田恭子は言い回しが時代劇ぽくないのが気になりましたが、彼女の浮世離れした雰囲気がむしろ存在感を出してくれました。西村雅彦の能天気な演技や、伊原のいかにも切れ者といった役も良かったけど、藩士に扮する寺脇康文、六角精児の相棒コンビや、きれっきれの悪役を楽しむ陣内孝則など、脇に至るまで適材適所。観客が老中許すまじ、と思わせるほど憎らしい役は、悪役として成功でしょう。

 ただ、あまりにも主人公側が強すぎるとか、ちょっと惜しいなと思った点がいくつかあったのですが、小説版ではそこらへんの説明まできっちりされているのですよねえ。そう考えると、多少、説明っぽくなってもあと数分上映時間を伸ばしてほしかったなあ。しかし、佐々木がここまで適役だと、彼を主人公にした続編も見てみたいですね。
 
posted by 映画好きパパ at 08:48 | Comment(2) | TrackBack(13) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

>あまりにも主人公側が強すぎるとか、ちょっと惜しいなと思った点がいくつかあったのですが、
>小説版ではそこらへんの説明まできっちりされているのですよねえ
そうなんですよねぇ〜〜。。
私も随分前に原作を読んでいたので、ちょっと気になりましたが、
いかに平和な江戸時代でも武士の本分を忘れていない
ピュアで真面目な藩士たちの姿が描かれていたのでよし。という気持ちです♪
Posted by kira at 2014年06月25日 19:53
コメントありがとうございます。
映画のほうが良かった点もいっぱいありますが、やはり、2時間弱では
全部説明しきれないというところがありました。
クライマックスが市街戦になるのに、奉行所などが駆けつけないというのも
原作ではちゃんと説明していますし、これがないと
吉宗さんは一番腹黒いキャラになってしまうような。
Posted by 映画好きパパ at 2014年06月25日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

超高速!参勤交代
Excerpt: くすくす笑えて面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2014-06-25 10:29

超高速!参勤交代 ★★★★
Excerpt: 通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-06-25 19:41

超高速!参勤交代
Excerpt: このミッション、 インポッシブル(不可能)です! 製作年度 2014年 上映時間 119分 原作:脚本 土橋章宏 監督 本木克英 音楽 周防義和 主題歌 塩ノ谷早耶香『Like a flower』 ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2014-06-25 19:48

超高速!参勤交代
Excerpt: 1735年(享保20年)の実在の湯長谷藩(現在の福島県いわき市)を舞台にした物語。参勤交代から戻ったばかりの石高1万5千石の小藩である湯長谷藩に、「5日以内に参勤せよ!」との幕府からの命令が。通常でも..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2014-06-25 20:35

超高速!参勤交代 : 笑って楽しめる娯楽時代劇
Excerpt:  梅雨ですねぇ。こんな日は、映画館に行くのも悪くないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 超高速!参勤交代 【製作年】 2014年 【製作国】 日
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2014-06-26 19:11

超高速!参勤交代
Excerpt: 徳川吉宗が将軍の頃の江戸時代を舞台に、突然に参勤交代を命じられてしまった湯長谷藩の 激動の5日間を描いた時代劇エンターテイメントです。 予告編を見て、これは楽しそうだなあと気になっていました。 キャラ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2014-06-28 21:59

『超高速!参勤交代』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「超高速!参勤交代」 □監督 本木克英□脚本 土橋章宏□キャスト 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔■鑑賞日 6月22日(日)■劇場 TOHOシネマ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-06-29 08:28

超高速!参勤交代
Excerpt:  『超高速!参勤交代』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)時代劇コメディで面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、1年にわたる江戸での暮らしを終えて故郷の磐城国湯..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-07-01 06:16

「超高速!参勤交代」  安心して観れる王道の時代劇コメディ
Excerpt: タイトルだけ観るとちょっとキワモノっぽい感じもしますが、観る人を選ばない王道の時
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-07-05 11:38

[映画][☆☆☆★★]「超高速!参勤交代」感想
Excerpt:  第37回城戸賞を受賞した土橋章宏の脚本を、「すべては君に逢えたから」の本木克英監督、ドラマ「ハンチョウ」シリーズの佐々木蔵之介主演で映画化。 享保20年(1735年)、湯長谷藩(現在の福島県いわき..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2014-07-17 18:48

「超高速!参勤交代」
Excerpt: 超高速参勤交代、超面白い!もっとガンガン箱数増やして公開されてもいいのに。出演者がみんな結構地味〜なのが原因か?確かに、佐々木蔵之介初主演の映画となれば、彼をトップに置いて彼以上のメジャーどころを配す..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-07-25 19:14

超高速!参勤交代
Excerpt: 超高速!参勤交代 '14:日本 ◆監督:本木克英「すべては君に逢えたから」「鴨川ホルモー」 ◆主演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、四..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2014-08-05 21:54

超高速! 参勤交代
Excerpt: 【概略】 幕府から「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」という無理難題を吹っ掛けられた貧乏小藩の奮闘を描く。 時代劇 八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-11-15 09:24