2014年08月29日

イントゥ・ザ・ストーム

 超巨大竜巻が街を襲うというプロットは単純ながらも、SFXの発達で迫力の映像が見られる作品。劇中のセリフにありますが、アメリカでは「ハリケーン・カテリーナ」「ハリケーン・サンディ」などの異常気象が問題になっており、日本も広島の水害など、豪雨、竜巻の被害が増えており、あながち、スクリーンの中だけではないと、ちょっと怖くなりました。

 作品情報 2014年アメリカ映画 監督:スティーヴン・クエイル 出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ 上映時間89分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ 鑑賞日8月22日 2014年劇場鑑賞140本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【ストーリー】
 アメリカ中西部の小さな町シルバートン。高校では卒業式が行われることになり、教頭のゲーリー(リチャード・アーミティッジ)は準備に追われていた。彼の2人の息子で、高校生のトレイ(ネイサン・クレイ)とドニー(マックス・ディーコン)は卒業記念のタイムカプセルに入れるビデオ撮影に追われていた。

 そのころ、竜巻の観測チームのリーダーで撮影に執念を燃やすピート(マット・ウォルシュ)は、チームの気象学者、アリソン(サラ・ウェイン・キャリーズ)からシルバートン周辺に巨大竜巻が起こるといわれ、直ちに現場に向かう。一方、ドニーは卒業式を抜け出し、あこがれの同級生ケイトリン(アリシア・デブナム=ケアリー)の課題に協力するため、廃工場にいた。そこへ、巨大竜巻が町を襲う。

 【感想】
 パニック映画だけど、登場人物を広げず、ゲーリー一家とピートチームに絞り、時間も短く最後まで楽しめました。主観的映像(POV)と聞いていたのですが、実は半分ぐらいしかないうえ、最近の機材の向上を反映してかPOV部分も手振れとかなかったので、ちょっと意外な気も。また、冒頭にいきなり竜巻の場面があるため、この手の映画にありがちな、序盤が退屈ということにもならずにすみました。

 ノースターなので、SFXに予算も集中できたためか、竜巻が起きてからは、ひたすら街が破壊される迫力のある場面が続きます。建物はつぶれ、自動車は飛ばされるなど、風速135メートルもの史上最大級の竜巻の脅威にただただあんぐりするばかり。また、この手のパニック映画としては珍しく、犠牲者が出るシーンを直接映す描写はほとんどないため、ある意味安心して見られます。また、予告編以外のシーンでも破壊描写はたっぷりあるため、予告編だけみればよかったと後悔しないですむのもグッド。

 ストーリーも、シングルファザーのゲーリーとうまくいっていなかったドニーが、災害を契機に親子の絆を確かめあうなど、王道的な展開。また、アリソンの存在が邪魔にならないというのも良かったです。よくこの手の映画では、災害だろうが火災だろうが関係なく、現場で長々とラブシーンが続いたりしちゃって、ちょっとひいてしまいますからね。ここらへんは監督がよく分かっているなというところ。

 個人的には、ユーチューブにアップしようとして、避難もせず動画を回して被害にあっちゃう若者が気になりました。東日本大震災のときも、津波を撮影しようとして巻き込まれた人がいるという話があります。災害になったら、まず身の安全の確保と、正しい避難情報を得ることの重要性を感じました。また、ラストに復興シーンをいれたのも、震災後の日本国民としてはなかなか考えさせられました。ただ、上映時間を短くするためにカットしたのか、序盤のビデオ撮影ででてきた人でその後に出てこない人がいたのはどうしてなのかな。犠牲になったとの暗示なのでしょうか。そこがちょっとひっかかりました。

posted by 映画好きパパ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(11) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イントゥ・ザ・ストーム / Into the Storm
Excerpt: 直径3200mにも及ぶ超巨大竜巻に襲われた、ストームチェイサー、街の人々を描いた作品。若干ネタバレがあります。 この作品は、もう『竜巻を見る』、それに尽きますね。この頃は、日本でも竜巻被害が出るよう..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2014-08-30 08:01

イントゥ・ザ・ストーム
Excerpt: 人間の想像を超える超巨大な竜巻に見舞われた人々を描くディザスター映画です。 予告編を観て、何だか凄いことになりそうだなと気になっていました。 あまりにも強烈な嵐の状況に、ただ圧倒されるような作品でした..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2014-08-31 00:21

イントゥ・ザ・ストーム
Excerpt: 試写会で観ました。手荷物検査と金属探知機検査がありました。厳戒態勢ですね〜。牛が飛んでたのと似たかよったかじゃないの〜と思っていましたが、さらにパワーアップというかよりリアルで怖かったです。竜巻が生き..
Weblog: はるみのひとり言
Tracked: 2014-08-31 00:47

イントゥ・ザ・ストーム (試写会)
Excerpt: ナイフは便利な道具です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm8月22日公開 監督: スティーブン・クォーレ  「ファイナル・デッドブリッジ」
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2014-09-01 08:45

『イントゥ・ザ・ストーム』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ストーム」□監督 スティーブン・クォーレ□脚本 ジョン・スウェットナム□キャスト リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォル..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-09-03 12:21

[映画][☆☆☆★★]「イントゥ・ザ・ストーム」感想
Excerpt:  「ファイナル・デッドブリッジ」のスティーヴン・クォーレ監督、「ホビット」のリチャード・アーミティッジ主演。巨大竜巻の圧倒的破壊力に翻弄される人々を描く、パニックムービー。 巨大怪獣や金属生命体とは..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2014-09-10 19:45

『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ!
Excerpt:  鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2014-09-27 20:32

映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑〜い残暑にぴったりのディザスター物
Excerpt: いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2014-09-28 04:57

映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観て
Excerpt: 14-69.イントゥ・ザ・ストーム■原題:Into The Storm■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:89分■料金:1,800円■鑑賞日:8月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2014-11-03 21:59

イントゥ・ザ・ストーム
Excerpt: INTO THE STORM 2014年 アメリカ 89分 パニック 劇場公開(2014/08/22) 監督: スティーヴン・クエイル 『ファイナル・デッドブリッジ』 出演: リチャード・アーミ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2014-12-25 00:08

イントゥ・ザ・ストーム
Excerpt: 【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック 竜巻映画です。..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-01-12 12:59