2014年09月18日

舞妓はレディ

 周防正行監督の明るくウエルメイドな作風が戻ってきました。ミュージカル仕立てで往年の名作「マイ・フェア・レディ」を現在の京都に換骨奪胎しています。舞妓とか正直興味が無かったのだけど、そんな僕でも十分楽しめました。

 作品情報 2014年日本映画 監督:周防正行 出演:上白石萌音、長谷川博己、富司純子 上映時間135分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズ日本橋 鑑賞日9月14日 2014年劇場鑑賞158本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【ストーリー】
 京都の花街、下八軒では舞妓不足が深刻になっていた。なにしろもう30歳近い百春(田畑智子)一人しかいないのだ。ある日、老舗のお茶屋に田舎から訛りのひどい少女・春子(上白石萌音)が舞妓になりたいとやってくる。女将の千春(富司純子)は追い返そうとするが、偶然、その場にいた言語学者の京野(長谷川博己)は、津軽弁と鹿児島弁のまざった彼女の言葉に興味を持つ。

 そして、彼女の訛りを京都弁に直して、本物の舞妓にしようと、花街の大物客、北野(岸部一徳)と賭けをする。こうして、見習いの仕込みとして雇われた春子だが、失敗ばかりで…

 【感想】
 なんていっても「舞妓はレディ〜」というテーマ曲が耳にこびりついて離れません。基本的には貧乏な田舎の少女が、花の都京都へいって、あこがれの芸者になるため苦労を乗り越える王道のストーリー。王子様(といってはちょっと年がたっているけど)もいるし、厳しいけど本心は温かい目で見守ってくれる女将や先輩芸子たちと、悪人のいないストーリーも安心して見られます。

 京都のお茶屋なんていうのはいったことないし、いまさら三味線やら白塗りの舞妓、芸子などのお座敷遊びというのも、正直、何が面白いのか分かりませんが、それでも、何百年という伝統を受け継ぐには、大変な稽古がいるというのがよく分かります。さらに、よそものには厳しい関西の方言。京都弁といえば優しいイメージがありますが、なんていっても自分の文化に日本一誇りを持つ京都人が使っているわけですからねえ。また、京都の名所が次々と出てきて、四季折々の風景が楽しめるのも良かったです。

 上白石萌音は新人ですが、豪華競演陣を相手に見事な演技+歌ぶり。しかも、序盤のあかぬけない田舎モノと、終盤の京都になじんでからは、雰囲気そのものをがらりとかえてきています。これは将来楽しみな新人が出てきました。長谷川、富司、岸部といったあたりはさすがですが、儲け役は田畑智子。実は女性としてのかわいらしさが一番でていたのは彼女だった気がします。また、竹中直人、渡辺えりのコンビは、周防監督の往年の作品「Shall we ダンス?」へのオマージュをささげていました。監督の奥さんの草刈民代も出ていたしね。

 メーンストーリも良かったけど、女将さんの若い頃(大原櫻子)、映画スター(妻夫木聡)との間の恋を描いた、飛行場でのミュージカルシーンも、見ていてうっとりしました。やはり、こういう夢のある映画って、心がほっこりします。見て損はない作品です。
posted by 映画好きパパ at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(15) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『舞妓はレディ』 (2014)
Excerpt: 京文化を照射する、はんなりミュージカル登場す! 周防作品のハイ・クオリティぶりを実感しはするのだが、いまいち心躍らない一作であった。 本作は、我が国が世界に誇るエンターテインメントの旗手、周防正..
Weblog: 相木悟の映画評
Tracked: 2014-09-18 11:35

舞妓はレディ ★★★
Excerpt: 『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-09-18 12:43

舞妓はレディ
Excerpt: 試写会で観ました。舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う〜んだったかな..
Weblog: はるみのひとり言
Tracked: 2014-09-18 16:32

映画『舞妓はレディ』観てきた
Excerpt: 全然観るつもりはなかったのですが、2〜3日前にTVで 宣伝のために出ていた主役の上白石萌音さんが歌を披露していて 興味がわいたので観ることに。 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶..
Weblog: よくばりアンテナ
Tracked: 2014-09-19 21:34

『舞妓はレディ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-09-20 07:10

『舞妓はレディ』は『マイ・フェア・レディ』と全然違う!
Excerpt:  オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えて..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2014-09-20 07:35

「舞妓はレディ」ダジャレです…(^^;。
Excerpt: [舞妓はレディ] ブログ村キーワード 周防正行 監督 最新作 「舞妓はレディ」(東宝)。全編是、京都がテンコ盛りの映画でございます。 京都“下八軒”。現役の舞妓が1人しかいないという悩みを抱える、この..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2014-09-20 15:51

舞妓はレディ : 天使のような上白石萌音
Excerpt:  昨夜の広島カープ、不可解な継投が裏目に出て巨人に完敗しました。シーズン優勝は、来年の楽しみとしておきましょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2014-09-22 20:37

「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします
Excerpt: 劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-09-23 14:41

『 舞妓はレディ 』京都の雨は大がい盆地に降るんやろか
Excerpt: 舞妓はレディ      監督: 周防正行    キャスト: 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2014-09-23 16:58

映画:舞妓はレディ オールスターキャストで飾る、周防ワールド・エンタテイメント!
Excerpt: 予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。 ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。 なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2014-09-23 20:26

[映画まとめ語り『舞妓』『剣心(最期)』『ガーディアンズ・オブ・・・』(寸評)]
Excerpt: ☆・・・『舞妓はレディ』        周防正行監督は、見れば面白いが、あんまし好きな監督ではない。  今作も面白く、なんか素材はいいけど垢抜けない女の子が舞妓になる物語を、絶妙の主人公キャステ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2014-09-26 14:10

[映画][☆☆☆★★]「舞妓はレディ」感想
Excerpt:  「Shall we ダンス?」の周防正行監督、「おおかみこどもの雨と雪」の上白石萌音(かみしらいしもね)主演。京都の花街を舞台に、舞妓になるべく田舎からやってきた少女の成長を描く。 監督曰く、19..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2014-10-05 10:41

舞妓はレディ
Excerpt: 2014年 日本 135分 コメディ/ミュージカル 劇場公開(2014/09/13) 監督: 周防正行 脚本: 周防正行 振付: パパイヤ鈴木 出演: 上白石萌音:西郷春子 長谷川博己:京野法嗣..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-03-13 01:29

舞妓はレディ
Excerpt: 【概略】 舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。 ドラマ・ミュージカル 舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-03-20 08:21