2014年10月27日

誰よりも狙われた男

 わずか46歳で亡くなった名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。ジョン・ル・カレ原作の陰々滅々したスパイ映画で、ラストシーンは、本当に見事なものでした。

 作品情報 2014年アメリカ、イギリス、ドイツ映画 監督:アントン・コービン 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、レイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー 上映時間:122分 評価★★★★(五段階) 2014年試写7本目 10月17日公開



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ
 【ストーリー】
 ドイツの対テロ秘密チームのハンブルグ支部長、ギュンター(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、ハンブルグに密入国した男がチェチェン出身のイスラム過激派イッサ(グレゴリー・ドブリギン)であると突き止める。イッサは銀行家のブルー(ウィレム・デフォー)を探していた。

 ギュンターはイッサを泳がせて目的を探ろうとするが、ドイツ内務省幹部のモア(ライナー・ボック)やCIAベルリン支局のマーサ(ロビン・ライト)は、イッサが監視中にテロ行為に及ぶことを懸念する。しかし、ギュンターは大物を捕まえるためと反対を押し切り、やり方を変えない。イッサは人権派弁護士のアナベル(レイチェル・マクアダムス)に、ある依頼をしていた。

 【感想】
 ドイツを舞台にしていますが、基本的に英語で、なおかつ、ホフマンやマクアダムスがドイツ人役を演じています。ただ、僕は聞き取れなかったけど、ホフマンたちも、ドイツ訛りの英語をしゃべっているそうで、そこは制作側のこだわりかも。また、CIAがあまり良い役でないというのも、アメリカ資本が入っている映画にしては珍しいかも。

 スパイ映画なのに、銃撃戦などは一切無し。それでも、こちらの心臓を締め付けるようなジリジリとした緊張感が続いていきます。特に、ラストはいったい何が起こったのか、原作を読んでいないので一瞬意味が分かりませんでした。後になって理解でき、ぞっとしました。

 アメリカがドイツ政府を盗聴していたというニュースが流れましたが、東西冷戦、最近では中東への入り口でもあるドイツが国際的な諜報戦の舞台です。映画でも同盟国である米独の微妙な関係だけでなく、ドイツ政府内部でも派閥争いがあるというのはいかにも現実的。

 イッサにはモデルがいて、ル・カレとも交流があるとか。表面的には平和な世界も、裏ではこんなことが起きているのかとぞっとしました。映画のなかでも、関係者を拉致したり、違法としか思えない捜査をギュンターたちがする場面があります。そのうえで、アメと鞭で協力者に仕立て上げる。日本でもこんなことが起きているのでしょうかね。

 配役がどれもこれもぴったりで、特にベイルートでCIAの妨害を受けて左遷され、ハンブルグでくすぶっている中年スパイという役柄にホフマンはぴったり。タバコを不機嫌そうにくわえているだけで、彼の人生へのシニカルな思いと、でも内心に燃えたぎる祖国への忠誠を感じさせました。また、マクアダムズの甘っちょろい人権派ぶり、ロビン・ライトの一見アメリカ人らしいフランクさを見せながら、何を考えているのか分からない腹黒さなど、女優陣も好演。このほか、ドブリギン、ダニエル・ブリュール、ニーナ・ホス、ホマユン・エルシャディなど国際的な俳優たちの演技の競演は見ものです。まさに性格俳優ホフマンの遺作にふさわしい作品でした。
posted by 映画好きパパ at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(11) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『誰よりも狙われた男』 2014年9月28日 赤坂区民センターホール
Excerpt: 『誰よりも狙われた男』 をTIFFプレイベント上映会で鑑賞しました。 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作です。 とても残念ではありますが、なんとも言えない白いふてぶてしい姿は もう観ること..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2014-10-27 09:18

誰よりも狙われた男 ★★★★
Excerpt: スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名小説を「コントロール」のアントン・コービン監督が映画化。2014年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった。ホフマンがバッハマンを演..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-10-27 12:56

誰よりも狙われた男
Excerpt: これは大いに見応えあったなぁ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2014-10-27 22:07

誰よりも狙われた男/A MOST WANTED MAN
Excerpt: 今年2月、薬物の過剰摂取により、NYの自宅アパートで46歳の若さで亡くなった 名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。 ジョン・ル・カレの小説を実写化したシリアスなスパイサスペンス。 ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2014-11-03 00:29

誰よりも狙われた男
Excerpt:  『誰よりも狙われた男』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)先般、46歳の若さで突然死したフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作(主演作としては:注1)ということで映画館に行ってきま..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-11-05 06:33

誰よりも狙われた男 / A Most Wanted Man
Excerpt: 今年(2014年)急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン最後の作品。 ジョン・ル・カレの同名の小説が原作。ジョン・ル・カレの原作を下にした映画といえば、『裏切りのサーカス』がある。この『裏切りのサー..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2014-11-05 22:05

誰よりも狙われた男/素晴らしい俳優を失ったと実感
Excerpt: 今年の2月に亡くなったオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作品。『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスや『アンチクライスト』のウィレムデフォーらが共演している。イギリスのスパイ..
Weblog: MOVIE BOYS
Tracked: 2014-11-13 18:14

誰よりも狙われた男
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(P) まるでトランプタワーを積み上げるような慎重な作業の連続。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2014-11-30 19:47

「誰よりも狙われた男」
Excerpt: 諜報物として大変質の良い作品な上にフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作である。だから襟を正して観なくてはならない。邦題の付け方も粋だ。そして襟を正して観ていると、フィリップ・シーモア・ホフマン扮するバ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-12-15 12:30

映画『誰よりも狙われた男』を観て
Excerpt: 14-83.誰よりも狙われた男■原題:A Most Wanted Man■製作年、国:2014年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:122分■料金:1,800円■鑑賞日:10月18日、TOHOシネ..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2015-01-04 17:58

ホフマンの魂と供に
Excerpt: 20日のことですが、映画「誰よりも狙われた男」を鑑賞しました。 ハンブルク イスラム過激派に関わりがあるイッサは人権団体の弁護士アナベルを介して銀行家ブルーとの接触しようとしていた 諜報機関でテロ対..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-03-08 22:07