2014年11月08日

小野寺の弟・小野寺の姉

 脚本家・演出家の西田征史が自作の小説を自ら映画化。初メガホンを取りました。不器用な2人の天然さはほほえましくなるけど、姉弟間の愛情が切なく、じんわりと心を癒してくれます。

 作品情報 2014年日本映画 監督:西田征史 出演:向井理、片桐はいり、山本美月 上映時間114分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズららぽーと横浜 鑑賞日11月1日 2014年劇場鑑賞182本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ


 【ストーリー】
 両親が早く亡くなったため、小野寺進(向井理)は、姉のより子(片桐はいり)に育てられてきた。子供の頃、進のイタズラで、より子は歯が欠けてしまい、それ以来、容姿にコンプレックスを持ち、恋を封印している。進も姉に育ててもらった恩と、姉を傷つけてしまった後悔から、姉を放っておくことができず、恋人の好美(麻生久美子)にも振られてしまった。

 ある日、誤って配達された手紙を届けたことがきっかけで、2人は新人絵本作家の薫(山本美月)と知り合う。より子は、進と薫がくっつけばよいとおもうが、進は過去の失恋やより子のことが気になり、なかなか前に進めない。一方、より子も勤務先の眼鏡店にやってくる営業マンの浅野(及川光博)に恋心を抱くのだが、自分の容姿がコンプレックスになり、うだうだした毎日を送っていた。

 【感想】
 優しい性格だけど、容姿がコンプレックスとなり、恋愛に臆病。しかも、姉弟とも相手のことを第一に考えて、自分の幸せを後回しにしてしまう。彼らのような不器用な人にこそ幸せになってほしいのに、空回りばかりというのが、はたからみて歯がゆい。

 進は調香師という特殊な職業をやっているため、周りからは余計、変人にみられてしまう。より子も容姿のコンプレックスで自信を無くし、さらに猫背になって、回りから消極的にみられてしまう。こういう人って実際にいますよね。この2人の喧嘩して、なかなか仲直りが言い出せない様子とか、あるいは、こんな些細なところに突っ込むのか、というのは家族アルアルの世界。口では喧嘩ばかりでも、相手への愛情がベースになっている家族というのは本当にうらやましい。

 本当だったら、こういう人たちは包容力のある相手と結ばれれば、一番うまくいくのだろうけど、あいにく、薫は美人なのに、恋愛に奥手。いや、山本があまりに、かわいいから、本当は裏がある遊び人かと疑ってしまいましたよ。また、及川みっちーは、イケ面だけど天然で空気を読めず、知らないうちに相手を傷つけてしまう。だから、せっかく近くにいても、小野寺姉弟となかなか、距離が縮まらないというのも、リアルな脚本でした。

 この2人に片桐はいりと向井理というのはナイスキャスティング。片桐が主役級につくというのは珍しいけれど、その存在感ある容姿と、しっかりとした演技で、アラフォーの孤独というのをしっかりあらわしています。一方、向井も眼鏡をかけて、髪をぼさぼさにするだけで、イケメンオーラがどこかへ吹き飛んでしまう。さらに、チョイ役だけど嫌味な上司の大森南朋とか、進の親友で売れない役者のムロツヨシとか、本当にキャスティングは子役、脇役にいたるまでうならせました。

 癒しの映画というのはこういう作品だと思わせる佳作です。人間関係に疲れたり、なんとなく世の中が面白くない人に、この作品をお勧めします。
posted by 映画好きパパ at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(8) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックしてもらってありがとう。
こちらから返すアドレスがないのですが。
Posted by とらちゃん at 2014年11月10日 13:39
失礼しました。seesaaブログのデフォルトがトラックバックを受け付けないになってしまって、時々操作ミスしてしまいます。下記からトラバしてくださいよろしくお願いします。
Posted by 映画好きパパ at 2014年11月10日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt: 子供の頃からわだかまりから抜け出せない姉と弟の葛藤を面白く演出している。勇気を持って一歩前に踏み出したことで二人が明るくなり、満足して劇場を出ることができた。
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2014-11-10 20:42

小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) シュールな笑いだけでない!片桐はいりの演技に涙。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2014-11-12 20:54

『小野寺の弟・小野寺の姉』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「小野寺の弟・小野寺の姉」□監督・脚本 西田征史□キャスト 向井 理、片桐はいり、山本美月、及川光博、ムロツヨシ、寿美菜子、        麻生久美子、大森南朋、木場..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-11-13 12:18

映画・小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt: 2014年 日本 早くに両親を亡くしてから20年以上、古い一軒家で暮らしている姉のより子(片桐はいり)40歳と、弟の進(向井理)33歳姉弟の仲は良く、毎日一緒に食卓を囲み、休日は一緒にスーパ..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2014-11-15 15:28

小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt:  『小野寺の弟・小野寺の姉』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)本作(注1)については、片桐はいりと向井理というコンビネーションが秀逸と思え、映画館に行ってきました。  両親が早くに亡くなった..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-11-25 21:25

不器用で優しい姉弟愛。〜「小野寺の弟・小野寺の姉」〜
Excerpt: 向井理をこういう使い方した段階でおよ?だったんだけど この「イケてない感」が実にいい味だった。ヾ(・∀・;)オイオイ ゆるゆるのコメディだと思ってた。 もたいまさこや小林聡美がやりそうな感じ..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2014-11-26 00:24

小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt: 小野寺の弟・小野寺の姉 '14:日本 ◆監督:西田征史 ◆出演:向井理、片桐はいり、山本美月、ムロツヨシ、寿美菜子、木場勝己、麻生久美子、大森南朋、及川光博 ◆STORY◆小野寺進と姉の..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2014-11-30 21:09

小野寺の弟・小野寺の姉
Excerpt: 【概略】 小野寺進と姉のより子は早くに両親を亡くして以来、ふたりで一軒家に住んでいる。そんな小野寺家にある日、誤配達の郵便が届き…。 ドラマ 両親を早くに亡くしてから、離れることなく..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-03-29 10:35