2014年11月27日

紙の月

 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督の新作とあり楽しみにしていました。工夫した演出や俳優陣のがんばりには感心しましたが、自分としての傑作とまでいえなかったのは、生活観があまりにも違う世界で、主人公がわがままとしかみえなかったためでしょうか。

 作品情報 2014年日本映画 監督:吉田大八 出演:宮沢りえ、池松壮亮、田辺誠一 上映時間126分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:109シネマズグランベリーモール 鑑賞日11月22日 2014年劇場鑑賞191本目




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ
 【ストーリー】
 1994年、銀行の契約社員の梨花(宮沢りえ)は、エリート会社員の夫・正文(田辺誠一)との関係にむなしさを感じていた。表面上は優しい夫だが、人の気持ちに鈍感だったのだ。

 外回りの仕事に打ち込んでいた梨花は、ある日、得意先の孫の大学生・光太(池松壮亮)から声をかけられ、深い仲に陥ってしまう。得意先からの帰りに、化粧品を買おうとして手持ちが足りなくなった彼女は、つい顧客から預かったお金から1万円を使い込んでしまう。そのことが、彼女の転落のきっかけだった。

 【感想】
 NHKドラマはみていますが、友人を削って同僚をいれるなど、かなりの変更がありました。原作は未読。人の幸不幸は主観的なものだから、梨花が不幸だと感じるのは勝手だけど、ものすごく豊かな生活をしていて、夫から暴力もなにもうけていないのに、不幸のヒロインのように感じているのは、ちょっとひいてしまいました。びっくりしたのが、3万円の時計をプレゼントしたときに、安物だという感覚。時代がバブル直後だったから、まだまだそんな感覚なのですかねえ。

 だから、若い大学生に走り、彼に貢ぐために銀行の金を使い込んでも、バカな女としか思えないんですよね。NHKドラマをみたときにもおもったけど、金持ちのボンボン(女)の自分探しというのは、勝手にやってくれという感じ。お金があれば自由になるとおもうのだけど、それを理由なしに否定されても…

 ただ、実際にそういう女がいたというのも事実で(三和銀行横領事件がモデル)、宮沢りえの演技は、梨花の心の空虚さと揺れというのをよく描いていました。また、同僚より子役の小林聡美と相川訳の大島優子が儲け役。仕事一筋の人生で自分の心を押し殺しているなかで、梨花への羨望がどこかにあるより子と、小悪魔的で偽悪的な言動を続けながらもおいしいところを持っていく相川。宮沢を含めた3女優が人間のずるさ、愚かさといったものをあらわしてくれます。田辺のぬえのような演技もグッドだし、池松の捨てられた子犬のような表情も良く似合っていました。

 予告編にもあるクライマックスのより子と梨花の対峙から、賛美歌をバックにした一連のシークエンスは印象的ですし、中盤にある、梨花の空虚さを描く、銀行での彼女の動きをワンカットで撮る方法も見事だと思います。でも、本当に、金持ちってわがままだな、という小学生並みの感想しかなくて。映画ではお金を否定的に描いていましたが、金があれば自由になれると思いますよ。
posted by 映画好きパパ at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(11) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『紙の月』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「紙の月」 □監督 吉田大八□脚本 早船歌江子□原作 角田光代□キャスト 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正■鑑賞日 11月15日(土)■劇場 チネチッ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-11-27 14:16

紙の月 ★★★
Excerpt: 銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-11-27 15:48

紙の月
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(F) 始まりはお札一枚を借りただけなんだけどね〜
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2014-11-27 21:11

「紙の月」 自分を解放する快楽
Excerpt: 主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-11-27 21:51

紙の月
Excerpt: 角田光代の小説を映画化。 監督は、吉田大八。 主演は宮沢りえ、主人公梅澤梨花を演じます。 銀行の契約社員として勤務する 主婦が起こした大金横領事件。 原作とはまた違った作品でした。 映画の方..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2014-12-05 10:19

第27回東京国際映画祭「紙の月」
Excerpt: コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-12-19 12:47

お金によって、
Excerpt: 22日のことですが、映画「紙の月」を鑑賞しました。 1994年、銀行の契約社員として働く主婦 梅澤梨花は仕事への取り組みや周囲への気配りで上司や顧客から信頼されるようになる 一方、自分に関心のない夫..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-03-19 21:41

『紙の月』お薦め映画
Excerpt: 年下男・光太は、大金を貢ぐほどの男ではないが、男女問わず浮気なんてそんなもの。浮気も犯罪も、一度始めたらもう後戻りできないような気がしてくるのかもしれない。梨花が横領に没頭していく姿はスリリング。女性..
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2015-05-30 07:40

紙の月
Excerpt: 2014年 日本 126分 ドラマ/犯罪/ミステリー PG12 劇場公開(2014/11/15) 監督: 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 原作: 角田光代『紙の月』 出演: 宮沢りえ:梅澤..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-06-24 12:50

紙の月
Excerpt: 【概略】 銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。 サスペンス ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-06-25 09:10

紙の月
Excerpt: 祝・宮沢りえ。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞、受賞! 原作は、角田光代の同名小説 NHK「ドラマ10」で、原田知世が主演したバージョンも好きでしたが、映画ならではの風情とエロチッ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-11-04 15:41