2014年12月07日

寄生獣

 岩明均の90年代の人気漫画を実写映画化。山崎貴監督らしく手堅く仕上げており、ホラー系が好きな人だったら見て損はしないかと思います。ただ、人を食べる生物の話なので、グロが苦手な人はご注意を。

 作品情報 2014年日本映画 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、橋本愛 上映時間107分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズ渋谷 鑑賞日12月2日 2014年劇場鑑賞195本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ
 【ストーリー】
 ある日、深海からなぞの生物が現れた。人間の身体を乗っ取り、寄生された人間は、別の人間を食料としてしまう。高校生の新一(染谷将太)は危うく乗っ取られそうなところを防ぐが、脳への進入を防いだものの、右手に寄生されてしまう。右手なので「ミギー」と名乗る生物と、互いの生存をかけて、奇妙な共存が始まった。

 おなじころ、寄生生物が原因による殺人事件が次々と起きる。寄生された人間は、同じように寄生された人間が判り、人間と寄生獣が共生している新一も、寄生生物から標的にされ、ミギーの活躍で危機を乗り切った。ある日、新一の高校に美しい女性教師田宮(深津絵里)が赴任してくるが、彼女も寄生生物に乗っ取られた存在だった。田宮は、新一とミギーが共生している様子を面白いと接触してくる。しかし、それは大きな悲劇の始まりだった。

 【感想】
 昔、原作漫画を読んだ記憶はありますが、特にファンというわけではありませんでした。岩明均の漫画なら、「風子の喫茶店」というほのぼのしたものがあり、そちらのほうが実写にふさわしいとおもっていたのに、まさか20年以上たって実写化されるとは。人間が増えすぎて環境破壊が起きているという論理は今のほうが通用しやすいというのがあるかもしれません。

 捕食シーンや寄生生物の変身シーンを割りとコミカルに描くことで、グロ度は控えめになっていますが、それでも、だめな人はダメでしょうね。特に中盤の大量殺人シーンは個人的にはOKですし、寄生獣との戦いで血まみれになった新一のシーンもよく再現したと感心したのですが、見る人によってはトラウマになるかも。また、ミギーの声を阿部サダヲがあてていることで、新一とのやりとりもコミカルな部分があります。

 SFXがある意味、こうした理由から安っぽいところがありますが、俳役が素晴らしい。染谷将太が寄生獣との戦いなどでどんどん変貌していく様子を染谷がきっちり演じています。母親役の余貴美子との、母親に甘えつつも、照れてしまってうまくいえない思春期の少年といったところも素直に表現しています。橋本愛との一昔前っぽいラブコメ部分もよかった。

 さらに、寄生獣側のキャストもいい。深津絵里は、こういうホラーが似合うというのは意外。もっとポワーとした女優だったとおもったので、こんなに怖い女優とは思えませんでした。また、東出昌大も、朝ドラのときには、正直どんくさそうとおもっていたのが、うさんくさい笑顔が人間離れした寄生獣にはよく似合いました。

 アクションも、山崎作品だけあり、一定のクオリティは保たれています。寄生獣との一騎打ちシーンが何回かあり、いずれもしっかりとっている。中でも、クライマックスでの戦いぶりは、染谷と、相手役(これは名は伏せます)ともに、見ごたえのあるシーンとなっていました。

 前後編とはしらなかったので、ラストにラスボス的存在の人物が出てきてびっくり。山崎作品だから、後編のクライマックスの大アクションシーンも期待できそうで、今から楽しみです。欲を言えば、るろうに剣心のように、前編をみてからそれほど間をおかずに上映してほしかったということでしょうか。
posted by 映画好きパパ at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(13) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「風子のいる店」ですね。

極度の上がり症を克服しようと喫茶店でアルバイトする話ですね
これはこれでドラマで見てみたい気が。
Posted by at 2014年12月09日 01:24
「風子のいる店」でした。20年ぐらい前の話なのでうろ覚えですが
彼女のはにかんだ笑顔は印象にあります
Posted by 映画好きパパ at 2014年12月09日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『寄生獣』 2014年11月19日 よみうりホール
Excerpt: 『寄生獣』 を試写会で鑑賞しました。 完結編は来年の4月公開 今から待ちどうしい 【ストーリー】  海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料と..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2014-12-07 23:26

寄生獣
Excerpt: これ、二部作だったのか!?
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2014-12-08 00:34

『寄生獣』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-12-08 12:43

劇場鑑賞「寄生獣」
Excerpt: この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2014-12-08 13:20

寄生獣 ★★★.5
Excerpt: 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-12-08 16:24

寄生獣 前編
Excerpt: 寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうちの1匹が至っ..
Weblog: 単館系
Tracked: 2014-12-09 01:28

寄生獣  監督/山崎 貴
Excerpt: 【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさ..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2014-12-14 20:05

寄生獣
Excerpt:  『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-12-15 21:23

寄生獣
Excerpt: 2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: B..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-04-25 01:31

寄生獣
Excerpt: 後編の公開を記念した、テレビのオンエア版で見たので、お茶の間向け、& 後編鑑賞の予備知識として、すごく総集編っぽい、というか、編集が入り、カットも沢山に感じられたのですが、プチグロながら、なかなかに見..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-04-27 08:53

寄生獣 完結編
Excerpt: 2015/04/25公開 日本 PG12 118分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、新井浩文、岩井秀人、山中崇、ピエール瀧、豊原功補、大森南朋、北村一輝、國村隼、浅野忠信 S..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-04-30 17:02

寄生獣 完結編
Excerpt: 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、新井浩文、ピエール瀧、山中崇、飯田基祐、関めぐみ、余貴美子、東出昌大、池内万作、佐伯新、春木みさよ、オクイシュージ、山谷花純、大森南朋、豊原..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2015-05-03 06:44

寄生獣
Excerpt: 【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-05-06 08:43