2015年01月10日

TRASH!この街が輝く日まで

 「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー監督が、絶望的な状況に陥った少年たちの勇気と希望を見事に描いた傑作。ハラハラドキドキ笑って泣けて、新年にみるのにふさわしい作品といえましょう。

 作品情報 2014年イギリス/ブラジル映画 監督:スティーブン・ダルドリー 出演:リックソン・テベス、マーティン・シーン、ルーニー・マーラ 上映時間:114分 評価★★★★(五段階) 2014年試写14本目 1月9日公開



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ

【ストーリー】
 ラファエル(リックソン・テベス)はブラジル・リオデジャネイロの巨大なゴミ捨て場があるスラムで暮らす少年で、ゴミを拾って生きている。ある日、ゴミ捨て場の中で財布を見つけた。大金が入っていることに喜んだ彼だが、手紙と暗号も一緒に入っていることに気づく。

 そこへ警察の大部隊が現れ、財布の捜索をはじめる。どうやら重要なものらしいと、ラファエルは、友人のガルド(エデュアルド・ルイス)、ラット(ガブリエル・ウェイスタイン)と財布の謎を調べだす。だが、警察の指揮官のフェデリコ刑事(セルトン・メロ)に捕まったラファエルは拷問を受け、瀕死の重傷に。ラットはもうやめるように忠告するが、ラファエルは、つかまったときの警察の会話から、財布の秘密を解き明かすことが正しい行いであると信じる。こうして3人の命がけの冒険が始まった。

【感想】
 ブラジルはオリンピックやワールドカップなどで華やかな一面がみられる一方、経済格差は日本なんかと比べ物になりません。これはブラジルだけでなく、第三世界のどこでもみられるもの。ゴミを拾って生きている少年たちがいる一方、権力者たちは腐敗まみれで金を使っているという構造になっています。

 余りにも巨大な権力を前にすると、人は無力感に感じます。映画でも、スラムのガブリエル神父(マーティン・シーン)は警察に捕まったラファエルを釈放してもらおうと掛け合いにいきますが、警察にはかなわず、悲しい顔をするばかり。おそらくこれまで数々の挫折があったため、戦う気力がなくなったでしょう。しかし、少年であるラファエルはまだ挫折を知らず、自分の正しいと信じた道をどこまでも突き進もうとします。この姿がなんともまぶしい。

 自分を射殺しようとするフェデリコに、最後にいうことはないかと聞かれたラファエルは「あなたに神の祝福がありますように」と告げます。どんなに貧しく、どんな状況にあっても、心の強い少年がいるということは、われわれ大人を勇気付け、かつ、しっかりしなきゃいけないと思わせます。

 脚本が「アバウト・タイム」などを監督したリチャード・カーティスということもあり、伏線をうまくちりばめたうえ、爽快なラストへと導いてくれます。少年たちが何度も訪れる危機を、勇気と知恵と団結で切り抜けていく様子は、洋の東西を問わず大人を励ましてくれるのでしょう。貧乏な街の人たちが、彼らを手助けするのもいい。

 試写会の前に「紙の月」をみて、両方の映画ともお金とは何かを考えさせられる作品なのですが、国も生活環境もはるかに違う本作のほうが、お金や富について真剣に考えさせられ、主人公たちに共感できたのが意外でした。

 子供たちがポルトガル語で、英語をしゃべる神父や、神父の助手のオリヴィア(ルーニー・マーラ)とのコミュニケーションギャップもさもありなんと感心させられます。また、「シティ・オブ・ゴッド」監督のフィルナンド・メイレレスが製作協力していることもあり、ゴミ山の巨大なセットや、ブラジルのスラムを実にリアルに映し出せていました。
posted by 映画好きパパ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(8) | 2014年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412135581

この記事へのトラックバック

『トラッシュ! この街が輝く日まで』 ゴミの山が宝の山になる
Excerpt:  監督は『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー。  脚本は『アバウト・タイム』のリチャード・カーティス。  昨年末にぴあの試写会で鑑賞。劇場公開は本日(1月9日)から。  主..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2015-01-11 12:09

『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 2015年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋
Excerpt: 『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 を鑑賞しました。 パスポートの19本目! 間におかわりで『フューリー』見てたわ。 仕事も忙しくなってきたので、ペースダウンですね。 今日は3本見たけど、クタ..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-01-12 10:37

トラッシュ!この街が輝く日まで
Excerpt: 製作国 イギリス/ブラジル 上映時間 114分 原作 アンディ・ムリガン『トラッシュ』(KADOKAWAメディアファクトリー刊) 脚本 リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・ダルドリー 出演 ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2015-01-12 22:08

トラッシュ!-この街が輝く日まで-
Excerpt: ブラジル・リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らすラファエルは、ある日ゴミ山で一つの財布を見つける。 ほどなく警察が現われ、サイフを血眼に探している様子に、何か裏があると悟ったラファエルは、友..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2015-01-17 00:52

「トラッシュ!−この街が輝く日まで−」
Excerpt: 「Trash」2014 UK ブラジル ある日、14歳の少年ラファエルはゴミ山で財布を見つける。中にはもちろん現金が入っていたが、他にもID、少女の写真、カレンダー、アニマル・ロト・カード、そし..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2015-01-24 23:51

正しいことだから〜『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』
Excerpt:  TRASH  リオ郊外のゴミ集積場で働く14歳の少年、ラファエルは、ゴミの中から財布を 見つける。警察がその財布を探していると直感したラファエルは、仲間のガル ド、..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-01-28 12:54

「トラッシュ! この街が輝く日まで」
Excerpt: かなり良かった。あの、私から涙拭くハンカチを手放させない「リトル・ダンサー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督の作品だと思うと、「かなり」という修飾語は割愛され..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-02-25 16:57

トラッシュ!この街が輝く日まで
Excerpt: 【概略】 ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中で財布を拾うのだが…。 ドラマ ブラジル、リオデジャネイロ郊外のスラムが舞台。ゴミを拾って生活している3人の少年は、..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-06-11 09:01