2015年02月15日

繕い裁つ人

 雰囲気先行の映画で、完全に女性向け。僕は女性向けでも、少女漫画原作の恋愛映画は好きなのに、こういう私おしゃれでしょ、というような作品は苦手なんですねえ。美意識の違いだからどうしようもないのです。

 作品情報 2014年日本映画 監督:三島有紀子 出演:中谷美紀、三浦貴大、余貴美子 上映時間104分 評価★★(五段階) 鑑賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 鑑賞日2月2日 2015年劇場鑑賞14本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画リンク集-シネマメモ

 【ストーリー】
 神戸で小さな仕立て屋「南洋裁店」を営む市江(中谷美紀)は、亡き祖母から店を受け継ぎ、その人のためだけのたった1着の服を縫い続けていた。大手百貨店大丸のバイヤー、藤井(三浦貴大)は彼女の服に惚れ込み、ブランド化を提案するのだが、市江は顔の見えない人の服は作りたくないと拒否する。

 何度も市江のところに通う藤井。やがて、町の人たちにとって、南洋裁店の服が、なくてはならないもので、人生にも大きく関わっていることに気づく。
 【感想】
 ユニクロメインの僕にとっても、南洋裁店の服が見事なデザインになっていることは感心しました。ただ、それにまつわる町の人たちの様子が、ちょっと異世界めいているというか、フリーダムすぎてついて行けませんでした。

 例えば、夜会といって年配の男女が南洋裁店の服を着て、正装で踊るシーンがあるのですが、30歳以上が参加資格なのに、おじいちゃん、おばあちゃんがメイン。西洋人と違って、日本の年配の方が、舞踏会風のダンスを踊るというのはあまり似合わず、しかも、踊る曲もブラームスのワルツだとテレビCMが先にたってしまって、苦笑しました。

 また、神戸が舞台なのに誰一人関西弁を使わないというのにも違和感。三島有紀子監督の感覚では関西弁は優雅な洋服の世界に似合わないというのでしょうか。NHKドラマ「カーネーション」でコシノ一家をモデルにした登場人物たちがコテコテの関西弁を使いまくっても、物語観は全然壊さなかったのに、と思います。

 中谷美紀は、省エネ演技というか、最初から最後まで想定内の演技に終始。三浦貴大も女優陣に囲まれて印象が薄かったし、なんか女性の考える都合のいい男という感じ。杉咲花だけが元気だったのかな。でも、本当に調和のとれたこぢんまりした世界で、まあ、こういうのに癒される人向けの作品であり、僕は「ぶどうの涙」に続いて、三島監督作品のセンスがあいませんでした。
posted by 映画好きパパ at 06:55 | Comment(2) | TrackBack(9) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あいませんでしたか〜。(;´∀`)

中谷美紀は「阪急電車」でも貢献してましたから
阪急の車内吊り広告で電車ジャックしてましたね〜。
Twitterでこの映画の広告一色になってたのを見ました。

皮肉なことに劇中使われた洋服そのものには全然魅力を感じなくて
それだけが個人的には痛かったですが(え)
片桐はいりの娘役でちょこんとすわってた女の子がやたら可愛くて
服も可愛くてメロメロでした。(≧∇≦*)

凛としてるようでゆるいとこが案外ハマリましたし
神戸の街をウロウロしたいとかあんな店あったら行ってみたいとか
映画をはなれた部分での興味がひろがって個人的には
見終わったあとも楽しめる作品でした。(*^_^*)
Posted by Ageha at 2015年02月15日 13:30
感性の問題ですので、作品の良い悪いでないと思います。
個人的には、「私、おしゃれでしょう」といいたげな作風は
苦手なんですよねえ。
女子高生3人組をはじめ、片桐はいりの娘も含めて
女の子はかわいい存在だったのはよかったですが。
正直、夜会に一番乗れなかったのが大きかったです。
Posted by 映画好きパパ at 2015年02月15日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『繕い裁つ人』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「繕い裁つ人」□監督 三島有紀子□脚本 林 民夫□原作 池辺 葵 □キャスト 中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木 華、杉咲 花、       伊武雅刀、中尾ミエ、余..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-02-15 08:24

人生に寄り添うような、特別な洋服。〜「繕い裁つ人」〜
Excerpt: えっとね〜、「かもめ食堂」の洋服版みたいな感じ? あ、ぜんぜん説明になってませんね〜・・(^_^;)それくらい満足しました。 ええ作品だったな〜。 でっかいチーズケーキが何回も何回も出てきてホン..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-02-15 13:32

『 繕い裁つ人 』洋裁師の心意気
Excerpt: 繕い裁つ人     監督: 三島有紀子    キャスト: 中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、永野芽郁、小野花梨、奥野匡、立石涼子、堺幸子、森本アリ、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子 ..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2015-02-15 14:20

「繕い裁つ人」:中谷さんも作品も美しい佇まいだけど・・・
Excerpt: 映画『繕い裁つ人』は、端正な美しい佇まいを持った作品。でも映画って、それだけじゃ
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2015-02-15 20:41

映画・繕い裁つ人
Excerpt: 2015年 日本 神戸の街を見下ろす高台にある南洋裁店そこの二代目店主・南市江(中谷美紀)が作るエレガントな洋服はいつも即日完売大手デパートに勤める藤井(三浦貴大)は市江にブランド化の話..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2015-02-17 14:30

繕い裁つ人
Excerpt: 予告編を観て、子供の頃を懐かしく思い出し、『繕い裁つ人』を観てきました。 ★★★★ 母が家で足踏みミシンを使っていて、オーダー品裁縫関係の仕事をしてたんですよ。 足踏みミシン自体は俺が10歳の時に引..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2015-02-20 00:47

繕い裁つ人 ★★★
Excerpt: 『嫌われ松子の一生』などの演技派女優中谷美紀を主演に迎え、池辺葵のコミックを映画化した心に染みる人間ドラマ。クラシカルなミシンで洋服を作る職人肌の主人公と、彼女を取り巻く人々が織り成す物語を紡ぐ。『永..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-03-10 15:02

繕い裁つ人
Excerpt: 繕い裁つ人 '14:日本 ◆監督:三島有紀子「ぶどうのなみだ」「しあわせのパン」 ◆出演:中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子 ◆STORY◆..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2015-05-11 21:42

『繕い裁つ人』
Excerpt: 繕い裁つ人 南洋裁店の二代目店主が仕立てる服は、 手作りの1点物。大手デパートの営業が ブランド化の話を持ち掛けるが... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:池..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2016-03-14 01:12