2015年03月26日

きっと、星のせいじゃない。

 がんにかかった若者の悲恋物語との事前情報に、アメリカでもお涙頂戴がはやっているのかと、ちょっと冷めた感じで見にいきましたが、丁寧な作りで無理に泣かせようとしていません。ちなみに、周りは若い女性ばかりで、宣伝も女性向きなのですが、中高年の男性がみても、良質な作品だと思います。

 作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ジョシュ・ブーン 出演:シェイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン 上映時間126分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:池袋シネリーブル 鑑賞日3月18日 2015年劇場鑑賞35本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



 【ストーリー】
 17歳のヘイゼル(シェイリーン・ウッドリー)はステージ4のがんで、肺の機能が低下して、歩くときも酸素ボンベを手放せない。家にこもってテレビばかりみている彼女を心配した母フラニー(ローラ・ダーン)に無理矢理つれられ、同世代の患者の会に参加した。

 そこで出会った1つ年上のガス(アンセル・エルゴート)と意気投合。二人は愛読書を交換する。ヘイゼルの大好きな本「大いなる痛み」は、話が最後の部分で唐突に終わっていた。続きが気になるヘイゼルのために、ガスはオランダ在住の作家ピーター(ウィレム・デフォー)にメールを送ったところ、何と返事が来た。2人はピーターに会いに、オランダに旅行しようとするのだが、直前にヘイゼルの容態が急変し…

 【感想】
 すでに若いうちから、自分の人生に先がないことを知り、あきらめの感情があるいっぽう、決して人生を投げ出さずに、一歩一歩歩んでいく。そんな人間としての尊厳を、乾いたタッチで描いていました。この手の作品はものすごくウェットになりがちなだけに、新鮮です。

 同世代のカップルがいちゃつくのを、うらやましくも、でも自分には決して手が届かないと思ってあきらめていたヘイゼル。そんな彼女に初めて好きな人ができたことを両親は応援します。フラニーは母親だから娘を応援するのは当然なんだけど、同じ父親の境遇としてはヘイゼルの父マイケル(サム・トランメル)の、応援したいのだけど、いい加減な気持ちで娘に近づいてほしくないという気持ちが分かるような気がします。

 そして、本作の素晴らしいところは、登場人物が優しさに包まれていること。ヘイゼルは幼い頃に母親が思わずもらした言葉が未だに心にひっかかっています。けれども、両親のことを本当に愛しており、自分が死ぬよりも、子どもに死なれる親のほうがつらい、と理解しています。

 ガスとの関係もそうであり、骨肉腫の治療で片足のないガスや、ガンの転移で失明してしまったアイザック(ナット・ウルフ )との病人でありながらも、前向きの友情は素晴らしい。「3人で目は4つ、足は5本、肺は2個半」というセリフに象徴されています。それでいて、きれいごとに終わらず、死への恐怖もきっちり書いています。唯一、貧乏くじなのはピーターですが、ウィレム・デフォーのベテランらしい存在感が、物語の調和をギリギリのところに崩さずにいます。
 
 主役が絶世の美男美女でないというのも、物語を身近に感じさせました。まだ若い2人が、死への恐怖、諦念と同時に生きる喜びというものをしっかり表現できており、質の高い映画に仕上げています。そして、オランダロケですが、アンネの家が映画のなかで使われているのは初めてみました。アンネの日記の引用も、戦争と病気と理由は違うとはいえ、若くして死の恐怖を味わいながら、決してあきらめなかったことを想起させます。

 余談ですが、階段を上っても息切れしてしまうヘイゼルは、初めての夜は発作とか起きなかったのかなあ。でも、ラブシーンも非常に美しかったなあ。宝石のような愛おしい作品でした。
posted by 映画好きパパ at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(5) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール
Excerpt: 『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-03-26 07:34

映画・きっと、星のせいじゃない。
Excerpt: 原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2015-03-26 08:18

きっと、星のせいじゃない。
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-03-27 00:08

きっと、星のせいじゃない。
Excerpt: 0と1のあいだは無限の数がある 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi 原作: さよならを待つふたりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店) 末期..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-03-27 11:57

『きっと、星のせいじゃない。』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッド..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-04-01 12:38