2015年05月26日

真夜中のゆりかご

 デンマークの社会派、スサンネ・ビア監督が女性監督らしい冷徹だけど暖かみを忘れない視線で人間の悪意を描いた問題作。自分が主人公の立場だったらどうしたろう、と考えさせられました。

 作品情報 2014年デンマーク映画 監督:スサンネ・ビア 出演:ニコライ・コスター=ワルドー、ウルリク・トムセン、マリア・ボネヴィー 上映時間102分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズシャンテ 鑑賞日5月21日 2015年劇場鑑賞68本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 良き父親であり、優秀な刑事でもあるアンドレアス(ニコライ・コスタ−=ワルド)は、麻薬常習犯のトリスタン(ニコライ・リー・コス)の家のクローゼットで、赤ん坊が糞尿まみれで放置されているのを発見する。だが、福祉事務所の反応は鈍く、赤ん坊は保護できなかった。

 ある晩、アンドレアスは、妻・アナ(マリア・ボネヴィー)の叫び声で起こされた。なんと、最愛の自分たちの赤ん坊が息をしていなかったのだ。錯乱する妻に呆然自失となったアンドレアスは死んだ自分の赤ん坊と、虐待を受けているトリスタン家の赤ん坊をすり替えてしまう。

 【感想】
 ちょっとしたきっかけで、家庭も仕事も順調だった男が、犯罪に手をだして、刑事という身分のため、一種の完全犯罪になってしまう。しかし、決してそれは許されることでなく…という見ているこちらをぎりぎり締め付けるサスペンス。

 トリスタンの同棲相手で盗まれた赤ん坊の母のサネ(リッケ・マイ・アナスン)は、遺体をみつけて、自分の子供でないとトリスタンに訴えますが、虐待をしていたことや、そもそも父親は赤ん坊に興味がなかったことから、サネを相手にしません。むしろトリスタンは自分が虐待犯として逮捕されないように、姑息な手段をとろうとします。

 一方、生きている赤ん坊がやってきたアナは、母性本能から育てようとしますが、やはり、自分の実の息子ではないことがわかっています。それに対してアンドレアスは自分の実子の遺体がどうなるかは二の次。かわいがって育児にも協力していたのに、父親からすると、死んだ実子よりも生きている赤ん坊のほうが良いと言うことなのでしょうか。おなかを痛めたか母親と、そうではない父親で、こんなに差があるというのは結構ショックです。

 暗く冷たい北欧を舞台にしているうえ、登場人物の心理描写はネチネチと続きます。同じ男性としてショッキングなラストにはげんなり。上質な映画だけど二度見ようという気持ちにはとてもなりませんでした。それでも、夫婦とは何か、親子とは、血の絆とは、と真剣に考えさせる効果はあります。

 デンマークの俳優が中心なので、日本では無名の俳優が多いですが、夫婦、刑事と容疑者といった関係で真っ正面からぶつかりあう演技合戦は見応えがあります。なかでも、マリア・ボネヴィーとリッケ・マイ・アナスンの2人は、母としての愛と狂気を見事に演じていました。脇役では同僚刑事役のウルリク・トムセンが物語に渋みを与えています。
 
posted by 映画好きパパ at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(6) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『真夜中のゆりかご』 2015年4月23日 一ツ橋ホール
Excerpt: 『真夜中のゆりかご』 を試写会で鑑賞しました。 二日酔いにはキツイ内容の映画だった 【ストーリー】  愛する妻と幼い息子と幸せな毎日を送っていた刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-05-26 07:30

『真夜中のゆりかご』 善人がなぜ苦しまなければならないのか?
Excerpt:  デンマークの監督スサンネ・ビアと脚本アナス・トーマス・イェンセンのコンビによる最新作。  このコンビは『未来を生きる君たちへ』ではアカデミー賞の外国語映画賞を獲得しているし、『ある愛の風景』も評価..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2015-05-26 23:27

真夜中のゆりかご/EN CHANCE TIL/A SECOND CHANCE
Excerpt: 第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞「未来を生きる君たちへ」の女流監督スサンネ・ビア &アナス・トマス・イェンセン脚本のコンビが母国デンマークを舞台に、 育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-05-27 13:11

真夜中のゆりかご
Excerpt: 人は見かけによらない 公式サイト http://yurikago-movie.com 監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」 「未来を生きる君たちへ」 敏腕刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-05-28 16:01

「真夜中のゆりかご」
Excerpt: 敬愛するスサンネ・ビア監督作品。それにしては主要な登場人物が思慮浅く、今ひとつ乗り切れない。やっぱりこの監督にはサスペンスの王道は難しいのかなぁ…?と思っていたら…!恐るべし、スサンネ・ビア監督。この..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-07-14 12:36

真夜中のゆりかご ★★★
Excerpt: 第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『未来を生きる君たちへ』のスサンネ・ビア監督と脚本家アナス・トマス・イェンセンのコンビによるサスペンス。妻子と幸せな日々を過ごしていたが、突如思いも寄らぬ悲劇に見..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-07-18 18:30