2015年06月19日

トイレのピエタ

 デビュー作となる松永大司監督に映画初主演となるロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎のコラボが見事で、何とも清冽な印象を受ける作品になりました。杉咲花にとっては本人のメルクマールになる作品かも。

 作品情報 2015年日本映画 監督:松永大司 出演:野田洋次郎、杉咲花、宮沢りえ 上映時間120分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:シネ・リーブル池袋 鑑賞日6月13日 2015年劇場鑑賞86本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 美大を卒業したものの、画家になれず窓ふきのフリーターをやっている園田宏(野田洋次郎)は、体調を崩して病院にいく。医師(古舘寛治)から、説明には家族を連れてくるように言われた宏は、何となく疎遠になっている田舎の両親(岩松了、大竹しのぶ)を呼ぶのもためらい、たまたま、窓口でトラブルを起こしている女子高生・真衣(杉咲花)に妹のふりをするように頼む。

 診断はがんで余命3カ月だった。入退院を繰り返しながら、漠然と死の恐怖におびえ、投げやりになる宏に対し、真衣は真っ正面からぶつかってきた。こうして2人の不思議な関係が始まった。

 【感想】
 難病ものですが、お涙ちょうだいにはせずに淡々と、ごく普通の青年が余命宣告を受けたときにどうなるかを描いています。フリーターで遠い将来のことはわからないけど、毎日を何となく過ごしていた宏に突然突きつけられた、もう将来はないという事実。けれども、人間はそう簡単に代わるわけでもなく、宏の日常は、入院したとはいえ、劇的なことなく続いていきます。

 一方、真衣は貧困家庭で、ネグレクトにちかい虐待を受けています。真衣も人生が袋小路に入ってしまい、死んでしまえば楽になるとおもいますが、彼女の生命力がそれを許しません。だから、余命を受けた宏にかまいたくなるのでしょう。生きるまぶしさを描くことで、死とは何かを考えさせ、かつ、ドラマティックにしないというのはすごい手腕です。

 ピエタとは十字架にかけられた後、マリアがキリストを抱いている宗教画です。本作では絵を描くことと日常の仕事をどうするかの対比とともに、生と死をイメージさせる題材となっています。宏が知り合う院内学級の子供たちやその母親(宮沢りえ)との交流で、死を見つめることで生を感じ取る、真衣のパートと対照的な存在になっています。

 野田は、独特の存在感を発揮しており、演技とは感じさせない素の宏という人間がそこにいるように思わせてくれました。そして、彼が感情を爆発させるタイミングも映画的に実に見事です。一方、杉咲は、純情で小悪魔的、生命力にあふれながら死にあこがれるというアンビバレンツな少女を見事に演じきりました。これは監督か編集かどちらの作業か分かりませんが、ラストカットも非常に印象的です。

 野田ファンや交流がある大物俳優が何人も登場しています。病院で同室の患者役のリリー・フランキーはいつもながらのひょうひょうとした演技で、単調になりがちな物語にアクセントを与えてくれます。宮沢りえの母親役はうまいな、と思わせましたが、大竹しのぶはちょっともったいない使い方。また、佐藤健が意外な役で登場し、エンディングをみるまで、彼とは気づきませんでした。新人の主役カップルを演技達者のベテランが固めるという理想的な配役になっています。

 泣かせに走っていないので、好みは分かれるかもしれませんが、デビュー作からこれだけの水準の作品を撮った松永監督に感服しました。
posted by 映画好きパパ at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(5) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トイレのピエタ
Excerpt: 画家になる夢を諦めフリーター生活を送っている28歳の園田宏は、窓拭きのバイト中に倒れ病院に運ばれた。 家族と一緒に精密検査の結果を聞きに来るように言われるが、たまたま病院で出会った女子高生・真衣に妹役..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-06-19 15:28

トイレのピエタ
Excerpt:  『トイレのピエタ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)手塚治虫氏の原案に基づいて映画が制作されているというので(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、ビルの屋上の縁に男(主..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-07-07 18:46

トイレのピエタ ★★★
Excerpt: 手塚治虫の病床日記に着想を得たオリジナルストーリーに、RADWIMPSの野田洋次郎が余命3か月の若者役で、初めて映画の主演を務めた恋愛ドラマ。忍び寄る死に恐怖を募らせる主人公が、純粋な女子高生と出会い..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-07-07 19:12

トイレのピエタ見てきた〜。
Excerpt: 困っちゃったな、何から話そう・・・。 映画の話から少しだけそれますね。 私にも離れて暮らしてる娘がおりまして。 んで、多分よほどのことがなければ帰ってもこないだろうし、連絡もないだろうし、 こちら..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-07-07 22:17

浄化と昇天〜『トイレのピエタ』
Excerpt:  美大を出たものの画家になる夢をあきらめ、窓拭きのバイトで日々をやり過ごし ていた28歳の宏(野田洋次郎)は、ある日気を失って病院に運ばれる。検査結果 を家族同伴で聞くよう求められた宏は、病院..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-07-11 18:27