2015年06月26日

グローリー/明日への行進

 人種差別撤廃に生涯を捧げたキング牧師の偉大な業績の一つ、セルマ大行進を描いた作品。昨年から公民権運動を取り上げた作品が多いですが、キング牧師を真っ正面から取り上げたのは本作ぐらいでしょうか。

 作品情報 2014年アメリカ映画 監督:エヴァ・デュヴァネイ 出演:デヴィッド・オイェロウォ、トム・ウィルキンソン、カーメン・イジョゴ 上映時間128分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズシャンテ 2015年劇場鑑賞89本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 1965年、公民権運動に取り組んでいたキング牧師(デヴィッド・オイェロウォ)はノーベル賞を受賞したものの、南部を中心に根強い差別は続いていた。ジョンソン大統領(トム・ウィルキンソン)はキング牧師と連携しつつも、急激な改革には及び腰だった。

 アラバマ州セルマでは、黒人の選挙人登録がほとんど認められていなかった。役所が難癖をつけたうえ、選挙人登録ができたとしても勤務先をクビになるなどの嫌がらせをうけるのだ。セルマの黒人住民の抗議を州や警察は弾圧をしていた。キング牧師もセルマに行き、州都モンゴメリーへの抗議デモを計画する。だが、黒人たちは警官隊に襲撃され、無抵抗な女性や老人までも大けがを負い、ついには死者もでる…

 【感想】
 アメリカ人にとっては常識かもしれませんが、セルマのことも全然知らなかったので勉強になりました。セルマの黒人たちの権利を守るためにどうするか。キング牧師は非暴力は貫きつつも、白人を挑発して、その非道さをマスコミを通じて全米に広げようと、画策をします。また、ジョンソン大統領とのやりとりも、時には相手を怒らせ、時にはなだめながらうまくもっていくための権謀は続けます。キング牧師はまだ30代半ばだというから驚きです。

 一方、ウォレス州知事(ティム・ロス)をはじめとする南部の白人は、時代の変化がわからないうえ、キング牧師ら公民権運動のリーダーたちをなめていました。暴力で押さえつければすむという発想から抜けきれなかった。そこをキング牧師はうまくつきます。ただし、黒人たちも一枚岩ではなく、より、過激な運動を主張するものもいました。こうした、政治的な動きを丹念におっていたので、最初はやけに長く感じました

 それが、セルマの警官隊の衝突から、一変して、緊張感あふれる場面が続きます。警官隊の容赦ない取り締まりが全米のテレビに流れ、それをみて、人種の壁を越えた支援が集まるというのは、まさに時代を感じさせました。ベトナム戦争でもメディアの力が反戦活動に与えた影響は大きかった。それを警戒して、今のアメリカをはじめとする各国政府がうまく統制をしているというのはまた別の話になります。

 この警官隊の弾圧は、映画と分かっていても見るのがつらかった。まして、リアルタイムでみていた人の衝撃は相当のものだったのでしょう。多くの白人が公民権運動に協力したことは、アメリカの善良さを感じさせます。けれども、オバマ大統領がつい先日も黒人差別がなくならないことを問題視したように、今もなお解決はしていません。こうしたことを深く考えさせられました。

 意外にもキング牧師のスピーチは、スピルバーグが映画化権を取得しており、本作のスピーチは、キング牧師の実際のものを参考にしながら、作られたそう。けれども、政治家が魂をこめたスピーチがいかに世の中を動かすのかというのが、よく分かります。

 デヴィッド・オイェロウォも、プライベートでは気弱な顔をみせながらも、運動にあたっては信念に燃えたキング牧師の素顔をよく演じていました。また、彼を聖人化せず、運動幹部や地元のリーダー、そして、息子を失った母親(オプラ・ウィンフリー)、その対局としてウォーレス知事など多彩な人物もうまく交通整理ができています。米アカデミー賞で主題歌賞を受賞した名曲「Glory」も、素晴らしい。
posted by 映画好きパパ at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(10) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『グローリー 明日への行進』 2015年6月10日 ニッショーホール
Excerpt: 『グローリー 明日への行進』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞ノミネート作品だったのね。全く知らなかったw 【ストーリー】  1965年3月7日、マーティン・ルーサー・キング・Jrの呼び掛..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-06-26 07:19

グローリー 明日への行進/SELMA
Excerpt: 本年度アカデミー賞作品賞ノミネート8本のうち、日本公開最後の作品。 アメリカの公民権運動の重要な節目となった“セルマの大行進”を題材に、 非暴力を貫..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-06-26 10:18

グローリー -明日への行進-・・・・・評価額1700円
Excerpt: 自由への54マイル。 1965年3月、黒人の選挙権制限の撤廃を訴えるため、マーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師と支持者たちが、南部保守派の牙城アラバマ州セルマから州都モンゴメリーを目指した“..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2015-06-26 14:15

グローリー 明日への行進 / SELMA
Excerpt: 1965年、アメリカ合衆国アラバマ州セルマで起きた『血の日曜日事件』を描いた作品。 映画冒頭の爆発シーンは、1963年9月15日に起きたアラバマ州バーミングハムの16番街バプティスト教会爆破事件みた..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2015-06-27 09:05

映画:グローリー ―明日への行進― Selma 予想外に残念なことに、今年有数の「ダメダメ」映画…
Excerpt: これはおおいに期待するしかない。 何たって、あの偉大な キング牧師 を初めて映画化したからだ! ところが、映画が進むにつれ、その期待に全く答えないドラマに「待て、これからだ」と自問する自分..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-07-03 19:36

「グローリー ー明日への行進ー」
Excerpt: 清く正しい。言い換えれば作品としては何の変哲も無い。もちろん、非暴力を貫いたキング牧師は素晴らしいし、偉大な人物である。そしてその偉大さをあたかもちょっとしたリーダーシップを備えた一市民のように描いて..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-07-07 17:45

グローリー 明日への行進
Excerpt:  『グローリー 明日への行進』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)本年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで見に行きました(注1)。  本作(注2)の冒頭では、主人公のマー..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-07-10 06:46

アラバマ州セルマ〜『グローリー/明日への行進』
Excerpt:  SELMA  1965年。人種差別が根強く残るアメリカ南部では、黒人の選挙人登録が拒否 され続けていた。選挙権を求めて立ち上がる人々を助けようと、ノーベル..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-07-10 11:38

グローリー/明日への行進 ★★★★
Excerpt: アメリカ公民権運動が盛り上がりを見せる中、アラバマ州セルマで起きた血の日曜日事件を題材に描く感動作。ノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キング・Jr.のリーダーシップでデモに集まった人々が警..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-08-20 18:02

グローリー/明日(あす)への行進
Excerpt: グローリー/明日(あす)への行進 '14:米・イギリス ◆原題:SELMA ◆監督:エヴァ・デュヴルネ ◆出演:デイヴィッド・オイェロウォ、トム・ウィルキンソン、ティム・ロス、カーメン..
Weblog: C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2015-11-26 21:56