2015年08月05日

きみはいい子

 呉美保監督の前作、「そこのみにて光輝く」のようなぶっとび感とカタルシスを期待していたのに、妙にドキュメンタリータッチで、ちょっと肩すかしかも。貴重な社会派作品だと思いますけど、どこかでみたような設定が多く、何ともいえない歯がゆさが。

 作品情報 2014年日本映画 監督:呉美保 出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴 上映時間121分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:テアトル新宿 2015年劇場鑑賞109本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 【ストーリー】
 桜ケ丘小学校4年の担任、岡野(高良健吾)は、新任でまじめなものの、児童たちからはなめられ、モンスターペアレントにも悩まされていた。

 近くに住む主婦の雅美(尾野真千子)は夫の単身赴任中で、3歳の娘あやね(三宅希空)と二人暮らし。ストレスがたまる生活のうえ、自分も幼いころに児童虐待の被害者だった雅美はつい、あやねに手を挙げてしまう

 【感想】
 尾野真千子といえば、テレビドラマ「Mother」のDV母で、一躍有名になりましたが、それから5年たち、同じような役柄が回ってきました。その間に、朝ドラのヒロインなどトップ女優になりましたが、正直、「Mother」のDV母のほうが、見ているこちらを引きつけたと思います。本作は、友人役の池脇千鶴も含めて、DVとはこういうものだという役柄を演じているような気がしてしまいました。

 それは、岡野も同様で、岡野という小学校の先生が実際にいるのではなく、小学校の先生役を演じている高良としかみえなかった。これは演出よりも、脚本で、DV母、まじめだけど非力な小学校の先生という役柄がステレオタイプなものを超えられなかったためだと思えます。

 しかし、子役たちは逆に言うと、子どもの数だけ役柄が違うのだから、実に自然でした。岡野のクラスの子供たちに出された宿題は、突然、ドキュメンタリータッチの撮り方になったこともあり、子役の演技ではなく、素の子供たちに見えてなりません。また、あかね役の三宅希空は、トラウマにならないかとこちらが心配するほどの、尾野の鬼母ぶりにしっかりと応えており、Motherの芦田愛菜の演技を上回るほどにみれました。

 もう一つ、痴呆症を恐れる独居老人(喜多道枝)の話も、メインストーリーの一つですが、こちらは、「良い話」で完結していい種類でしょうから、気になりませんでした。やはり、残る2つの児童虐待については、もうちょっと踏み込んでみたかったかもしれません。

 また、明るさがみえるようなラストも、現実ではどうなるのかは首を捻らざるをえません。現実のほろ苦さを感じさせるためかもしれませんが、放置されたエピソードもあったのも、ちょっと残念でした。

 それでも、ほとんどの人間の善良な部分を信じさせるという姿勢は、世知辛い今の世の中に求められているといえます。「ここのみて〜」で悲惨な役だった池脇と高橋和也がラブラブの夫婦を演じているのも、楽屋ウケですが、妙にほっこりしました。
posted by 映画好きパパ at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(7) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「きみはいい子」:もっと寛容なゆるさを! 
Excerpt: 映画『きみはいい子』は、真摯な社会性に満ちた本年屈指の秀作です。呉美保監督作品と
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2015-08-05 10:16

きみはいい子
Excerpt:  『きみはいい子』をテアトル新宿で見てきました。 (1)呉美保監督の前作『そこのみにて光輝く』が大層いい出来栄えだったので、本作もどうかと思って映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭は、仏壇..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-08-05 18:50

きみはいい子
Excerpt: あなたはダメな人じゃない。私もここにいるよ。 * * * * * * * * * * 中脇初枝さんによる原作の短篇集から 3編を合わせて一つの映画にしたものだそうです。 そのため、 まだ子ども..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2015-08-05 21:02

きみはいい子 ★★★.5
Excerpt: 幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して愛について描いた中脇初枝の小説を基に、『そこのみにて光輝く』などの呉美保監督が映画化したヒューマンドラマ。学級崩壊をさせてしまう新米教師、親からの虐待を受け自身も..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-08-07 12:31

ひとりじゃない〜『きみはいい子』
Excerpt:  小学校の新任教師・岡野(高良健吾)は、学級崩壊やいじめ、モンスターぺア レントの対処に疲れ果てる毎日。夫が海外へ赴任し、3歳の娘と二人暮らしの雅 美(尾野真千子)は、娘に手を挙げてしまう。小..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-09-07 12:50

きみはいい子
Excerpt: どこか「誰も知らない」に通じる社会派・問題提起作品…「そこのみにて光輝く」でモントリオール世界映画祭の最優秀監督賞を受賞した呉美保監督が、2013年本屋大賞で第4位にも選ばれた中脇初枝の同名短編小説集..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-08-14 16:14

きみはいい子
Excerpt: 生徒や親に振り回されてばかりいる小学校の新米教師、認知症扱いされている一人暮らしの女性と自閉症の生徒、夫が単身赴任中で3歳の娘を傷つけてしまう母親とママ友たち…。 同じ町で暮らす人々の出会いを描く、ヒ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-08-17 23:14